Help us understand the problem. What is going on with this article?

githubのmarkdown-cssをぶっこ抜く方法

More than 1 year has passed since last update.

githubのmarkdown用cssを使いたい!けどどこで拾ったらいいの?と疑問に思ったので調べてみました。


まずgithub cssとググったらこんなリポジトリがヒットしました。

sindresorhus/github-markdown-css: The minimal amount of CSS to replicate the GitHub Markdown style

ここに置いてあるgithub-markdown.cssというヤツがどうやらソレみたいです。さっそく見てみましょう。

@font-face {
  font-family: octicons-link;
  src: url(data:font/woff;charset=utf-8;base6 //長いので以下省略
}

.markdown-body {
  -ms-text-size-adjust: 100%;
  -webkit-text-size-adjust: 100%;
  line-height: 1.5;
  color: #24292e;
  font-family: -apple-system, BlinkMacSystemFont, "Segoe UI", Helvetica, Arial, sans-serif, "Apple Color Emoji", "Segoe UI Emoji", "Segoe UI Symbol";
  font-size: 16px;
  line-height: 1.5;
  word-wrap: break-word;
}

.markdown-body .pl-c {
  color: #6a737d;
}

全てのセレクタが.markdownで始まっています。ちゃうねん、bodyとかh1とか書いてあるヤツが欲しいねん。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

と思いましたが全てに付いてるので話は簡単。適当なエディタを開いて.markdown-を空文字にall-replace(すべて置き換え)するだけでアッサリ作業終了です。cssゲットです。


そもそもこのリポジトリなんなの?とよく見てみると、製作者のsindresorhus氏が作ったgenerate-github-markdown-cssという別のリポジトリがあります。

ソースを読んでみると

  • github.comのhtmlから<link>タグのhref=*.cssをぶっこ抜く
  • そこから.markdown-bodyのcssをぶっこ抜いてまとめる

ということをやっています。これを使ってgithub-markdown-cssを更新しているようです。

つまりgithubの仕様が変わらない限りは、実際に使われているcssが手に入るという事みたいです。


とは言ってもライセンス大丈夫なの?と思い調べてみました。

まず、このsindresorhus氏の2つのリポジトリはMITライセンス。

そしてgithubからlinkされている以下の2つもMITです。

https://assets-cdn.github.com/assets/frameworks-c4bbb32afb602dcf8c75be0bc4c83014.css

https://assets-cdn.github.com/assets/github-0c21e211e4fd150ac107ccf0fcf751e5.css

どうやらライセンス的にも問題なさそうです。

まとめ

https://raw.githubusercontent.com/sindresorhus/github-markdown-css/gh-pages/github-markdown.css

  1. ↑からコピペもしくはダウンロード
  2. 適当なエディタで1を開き、.markdown-でfind、''(空文字)でreplace

現場からは以上です。(`・ω・´)ゞ

__mick
nodejs,coffee-script等で遊んでいます。 https://github.com/mick-whats
https://twitter.com/mick_x_
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした