WordPress
wp-cli

WP-CLIを初心者が使ってみた。

WP-CLI

WP-CLIとはWordpressをブラウザではなく、コマンドラインから管理するためのインタフェースらしい。
Pluginをインストールして有効化したり、アップデートなども行えるのでAnsibleと組み合わせる事により、Wordpress構築の自動化ができる。と思う。WP-CLIをとりあえず、触ってみます。

検証環境

  • Virtul Box
  • VM 2台
  • OS:Ubunu16.04
  • Web srv(ホストオンリーアダプタ:192.168.57.200)
  • DB srv(ホストオンリーアダプタ:192.168.57.201)

WP-CLIの動作要件

>>> UNIX系環境(OS X、Linux、FreeBSD、Cygwin); Windows環境での制限付きサポート
>>> PHP 5.3.29以降
>>> WordPress 3.7以降

動作環境の確認

あまりスマートなやり方ではないが確認してみる。

PHPのバージョン

~$ sudo vi /var/www/html/index.php
<?php
   phpinfo();
?>

$ sudo systemctl restart apache2.service

ホストOS側から確認してみる

http://192.168.57.200/index.phpするとバージョン確認できる。

PHP Version 7.0.22-0ubuntu0.16.04.1だったのでよし。



WordPressのバージョン確認は、version.phpファイルに書かれている情報を見て確認する。

WordPressのバージョン

~$ sudo vi /var/www/html/wordpress/wp-includes/version.php
(略)
$wp_version = '4.8';

バージョン3.7以降なのでよし。

WP-CLIのインストール

要件を確認が確認できたので、必要なファイルをダウンロードしてくる。

~$curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar

次に、Pharファイルが動作していることを確認します。初めて見る拡張子だが、気にしないことにする。

~$ php wp-cli.phar --info
PHP binary:     /usr/bin/php7.0
PHP version:    7.0.22-0ubuntu0.16.04.1
php.ini used:   /etc/php/7.0/cli/php.ini
WP-CLI root dir:        phar://wp-cli.phar
WP-CLI vendor dir:      phar://wp-cli.phar/vendor
WP_CLI phar path:       /home/hoge
WP-CLI packages dir:
WP-CLI global config:
WP-CLI project config:
WP-CLI version: 1.3.0

コマンドラインからwp-cli.pharこいつ(コマンド)を実行できるようにする。とりあえず、実行権限を与え、/usr/local/bin配下にいれる。

~$ chmod +x wp-cli.phar
~$ sudo mv wp-cli.phar /usr/local/bin/wp
~$ wp --info
PHP binary:     /usr/bin/php7.0
PHP version:    7.0.22-0ubuntu0.16.04.1
php.ini used:   /etc/php/7.0/cli/php.ini
WP-CLI root dir:        phar://wp-cli.phar
WP-CLI vendor dir:      phar://wp-cli.phar/vendor
WP_CLI phar path:       /home/hoge
WP-CLI packages dir:
WP-CLI global config:
WP-CLI project config:
WP-CLI version: 1.3.0

余談だが、wp-cli.pharをリネームしてwpにしたのでコマンドがwpになったが、hogehogeにリネームするとhogehogeコマンドになる。

WP-CLIをアップデートする。

~$ sudo wp cli update
Success: WP-CLI is at the latest version.

なんと最新バージョンだったらしい。

コマンドはタブで補完できないとこまるので、できるようにする。

wp-completion.bashというものがあるらしい。

~$ curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/wp-cli/master/utils/wp-completion.bash

~.profileで読み込むようにしておく。

~$ sudo mv wp-completion.bash /usr/local/bin/
~$ sudo vi .profile
#最終行に追加
source "/usr/local/bin/wp-completion.bash"
~$ source /usr/local/bin/wp-completion.bash

これでコマンドの補完ができるようになった。

WP-CLIからプラグインとテーマを設定

ここからが本番。私はもともとWordpress環境ができていたので、プラグインとテーマの追加変更を行う。
プラグインのインストールと適応

~$ sudo wp plugin install woocommerce --activate --allow-root --path=/var/www/html/wordpress

テーマのインストールと適応

~$ sudo wp theme install storefront --activate --allow-root --path=/var/www/html/wordpress

--activateオプションで即時適応する。--allow-rootオプションで管理者で上げれるようにする。※rootでやるのはよろしくないが。。