PHP
Git
laravel

[ メモ ] laravel gitからクローンしてきた場合の設定

Gitから既存のプロジェクトをクローン

Git(SourceTree)からクローンしてきた際の順序をメモしておきます。

Sourcetreeからクローンしてきたら、

composerをコマンドでインストール
$ composer install
  • .env.exampleを複製し、.envファイルを作成
  • Homestead.yaml.exampleを複製し、Homestead.yamlファイルを作成
.env
APP_ENV=local
APP_DEBUG=true
APP_KEY=
Homestead.yamlファイルを編集

(ipアドレスやpoot等を変更する)

Homestead.yaml
ip: "10.0.0.10"
hostname: "local"
memory: 1024
cpus: 1
provider: virtualbox
Hostsに設定(Windowsにあるか、分かりません)

ipアドレスとhostnameを設定する
(設定するとhostnameでもアクセス出来るようになる)

(使用する場合は)npmをコマンドでインストール

(package.jsonがあれば使用する)

$ npm install
vagrantをコマンドで起動、接続
$ vagrant up

$ vagrant ssh
.envファイルのAPP_KEYをコマンドで設定
$ php artisan key:generate

DB(データベースがある場合)

migrationをコマンドで実行
$ php artisan migrate

migrateを実行する、とDBのmigration(テーブル)に登録される
(テーブルが作成される)

シーダーをコマンドで実行
$ php artisan db:seed

Seederの情報がデータベースに入る



(私のやり方なので、もっと良い方法や間違っている部分があれば教えてください!)