Edited at

IE(internet explorer)でのWeb画面自動テストアプリを作成しました


概要

Web画面のテストを自動で実行するアプリを作成しました。

画面項目のテスト値をEXCELファイルに事前に設定し、アプリに読み込ませ

テスト画面への値設定、ボタン押下、実行結果の値、画面エビデンスの取得を自動で実行します。

※対象のブラウザはIEのみです

以下でアプリを公開しています

https://github.com/ZumWalt22/WebBrowserTestApp

以下のファイルをダウンロードしてください

WebBrowserTest1.0.0.1.zip

詳細な操作手順はWikiを参照ください

https://github.com/ZumWalt22/WebBrowserTestApp/wiki

ソースコードは以下で公開しています

※基本的な処理のみの実装のため、必要に応じ、処理を追加、修正し使用してください

https://github.com/ZumWalt22/WebBrowserTest


作成経緯など

かれこれ10年ほど前、まだ画面の自動テストツールがあまり出回っていないころ

某案件で画面テストを永遠と強いられるのに嫌気が差し、何とか自動でできないかと自作したものです

そこそこ時間をかけて作成したにもかかわらず、以降使う機会がなく

長い間、PCの片隅に放置状態だったため、すこし勿体ないかなとおもい公開しました。

自動テストツール全盛の今となっては有用性は薄まりますが

小規模な開発で画面の自動テストをしたいが商用のテストツール導入するまでもないとかで活用いただけると幸いです。

.NETのWebBrowserTestコンポーネントを利用し作成しています。

開発言語はC#を使用しています。


簡単な使い方の説明

1.テストケース設定

EXCELテストケース設定シートにテストケースを設定します

設定情報 テスト対象画面のURL、HTMLタグのID、項目設定値、ボタンのID、結果画面期待値を設定後

CSVファイルに変換しアプリ配下「TestCase」フォルダに配置しておきます

image.png

2.テスト実行

WebTestアプリの「テストケース一覧」から、実行したいテストケースにチェックを入れます

「テスト自動実行」ボタンを押下するとチェックされたテストケースが自動実行されます

image.png

image.png

3.テスト結果確認

テストが完了するとダイアログボックスが表示され、テスト結果(テスト成功件数/総テスト件数)が通知されます。

image.png

image.png

テスト結果の詳細は、アプリ配下「Ebidence」フォルダに生成されます

結果画面のHTMLと画面エビデンスが出力されます

image.png

「TestResoultReport.csv」に事前に設定した期待値との正誤結果の一覧が出力されます

image.png


今度の機能追加予定

テスト前後のDB情報の取得機能を追加予定です。

現在、Config設定とするべき箇所を直打ちで記述してしまっているため、Configから設定変更可能にする予定です。