Help us understand the problem. What is going on with this article?

ML-Kit For Firebase でTensorFlow Lite使用サンプルを動かす

More than 1 year has passed since last update.

概要

ML-Kit For Firebase のTensorFlow Lite使用のサンプルを動かしたかったので
導入手順のメモを残しておきます

ML-Kit For Firebaseは以下のサンプルも試せますが
画像分類、文字認識、顔検出、バーコードスキャン、ランドマーク認識

今回は上記以外にも、TensorFlow Lite形式をMobile端末に置き、使えるとのことで
このサンプルを動かします

実行環境は以下のとおり
Windows10 Pro
Android Studio Version3.2.2
AndroidアプリVersion9.0

サンプルアプリ動作手順

1.開発環境準備
Android Studio未導入の場合は以下URLからダウンロードしインストール
https://developer.android.com/studio/?hl=ja

2.サンプルアプリを取得
ML-Kitサンプルアプリを用意
以下URLから「Clone or Download」をクリックし「mlkit-android.zip」をダウンロード
https://github.com/googlecodelabs/mlkit-android

上記を解凍すると「mlkit-android」フォルダができるので、任意の場所に配置

Android Studioから「File>Open」で上記で配置した「mlkit-android」フォルダ配下の「final」フォルダをプロジェクトとして選択

3.Firebaseプロジェクト登録
ML-Kitを使用するには「google-services.json」ファイルをプロジェクトに設定する必要があるため
以下のURLからFirebaseプロジェクトの登録を実施し、Jsonファイルを生成
https://console.firebase.google.com/
※Googleアカウント登録の必要あり

以下でプロジェクトを生成

・プロジェクトの追加
以下情報を設定
プロジェクト名:任意の名称
アナリティクスの地域:日本
「次へ」ボタンを押下

・AndroidアプリにFirebaseを追加
Androidパッケージ名に「com.google.firebase.samples.apps.mlkit」を設定し「アプリを登録」ボタンを押下
「google-services.json」ボタンを押下しJSONファイルをダウンロード

上記で生成したJSON「google-services.json」をプロジェクトの「app」フォルダ配下に配置

4.サンプルアプリを実行
「Android Studio」から「Run」>「Run’app’」を押下しアプリを実行
※実機でも、バーチャルマシンでも実行可能(最小API levelが16との記載ありのため Android 4.4 KitKat以上であれば動作するはず?)

アプリが立ち上がったら、コンボボックスから認識対象画像を選択し「FIND OBJECTS」ボタンを押下すると
画像のオブジェクトの種類と認識確度が高いもの上位3つが表示

sampleImg.png

参考文献
https://codelabs.developers.google.com/codelabs/mlkit-android-custom-model/#0

Zumwalt
主に開発メモです
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away