Posted at

Arch Linuxで、visudoなどで使用されるエディタの変更

Arch Linuxで、sudoファイルを変更するときにvisudoのコマンドを打つと、vimのエディタになる場合があります。

これを変更したい!っていうためのメモ的な記事です。


まずはエディタのインストール

入れたいコマンドエディタが入っていない場合、pacmanなどのパッケージインストーラーでインストールします。

例としてnanoを入れます。 ちなみに私はnano派です。

pacman -S nano

画面の指示に従ってインストールします。


変更

/etc/profile/etc/profile.d/***.sh に以下のような記述を入れます。


/etc/profile

export EDITOR=EDITOR_COMMAND #EDITOR_COMMANDをエディタのコマンドに置き換える(相対可能?)


以下は例です。


/etc/profile

export EDITOR=nano


profile.d下にスクリプトを置いた場合は実行権付与を忘れずに。


テスト

visudoなどのコマンドを打って試してみてください。任意のエディタになっていたら成功です。