Edited at
MinecraftDay 22

GlowstoneでMinecraftサーバーを作る

More than 1 year has passed since last update.


Glowstoneって?

Glowstoneは本家Minecraftサーバーのソースコードに依存していない、

Spigot、CraftBukkitライクなオープンソースMinecraftサーバーです。

Glowstoneは本家Minecraftサーバーに依存していないため、Mojangの規約に引っかかりにくい(引っかからない)というのが特徴です。

また、Mavenにも対応しているので、依存関係を簡単に解決できるでしょう。


Glowstoneのダウンロード

まずは早速ダウンロードしてしまいましょう。

https://glowstone.net/

下部にあるLatest versionのすぐ下のボタンをクリックします。(Download for x.xx.x, xには数字)

ダウンロードしたら空のディレクトリにjarファイルを置きます。


実行

Windowsの場合、以下のスクリプトを作ります。(bat形式)

@echo off

java -Xms1G -Xmx1G -XX:+UseG1GC -jar glowstone.jar
pause

Linuxの場合は、端末で以下のスクリプトを入力します。

java -Xms1G -Xmx1G -XX:+UseG1GC -jar glowstone.jar

どちらも、ディレクトリはglowstone.jar(Glowstone本体)が置いてあるディレクトリにして下さい。

初回起動時は、デフォルト設定ファイルの読み込み、依存ライブラリの取得、ワールドの作成が行われます。

ログにReady for connections.と表示されたら接続準備完了です。


ログインする

Minecraftクライアントを起動し、

マルチプレイ->ダイレクト接続->ipアドレスを入力(クライアントでサーバーを開いている場合はlocalhostで可)

以下の用になればログイン成功です。(何故かダメージを受けています(;・∀・))


OP権限設定

これは本家Minecraftのサーバーと全く変わりありません。ですが一応説明しておきます。


OP授与

実行しているサーバーコンソールを開きます。

op <Username>を打ってEnterを押します。(はMinecraftユーザー名)

例: op YZ6


OP剥奪

実行しているサーバーコンソールを開きます。

deop <Username>を打ってEnterを押します。(はMinecraftユーザー名)

例: deop YZ6


プラグインの追加

CraftBukkitやSpigotと同じようにプラグインを追加できます。

プラグインをpluginsのフォルダに置き、再起動すれば簡単に追加できちゃいます。

詳しい方法については割愛します。


設定

本家Minecraftサーバーと違うのは設定ファイルです。

設定ファイルは全てconfigに入っています(BAN情報やOP情報など)。

本体の設定ファイルはglowstone.ymlです。

今回はサーバー本体の設定だけ説明します。

server:

ip: ''
port: 25565
name: Glowstone Server
log-file: logs/log-%D.txt
online-mode: true
max-players: 20
whitelisted: false
motd: A Glowstone server
shutdown-message: Server shutting down.
allow-client-mods: true
snooper-enabled: false
prevent-proxy-connections: true
...


ip

サーバーのIPアドレスを設定します。グローバルIPが複数ある場合とかは使うことが多いでしょう。


port

ポート番号です。重複する場合は変更して下さい。(1-65535)


name

サーバー名です。お好みで設定して下さい。


log-file

ログの格納場所です。基本は触れる必要はありません。

%dはログの年月日が記載されます。


online-mode

よっぽどのことが無い限りtrueに設定して下さい。必ずです。

(逆にBungeeCord経由で繋げる場合はfalseにしないと接続できません。)


max-players

最大接続人数を指定します。Windowsの場合は20のままが良いです(Windowsのライセンスの都合上)。


whitelisted

ホワイトリスト制のサーバーにするかの設定です。

trueで設定します。


motd

サーバーの説明です。クライアントにリストしている場合に表示されます。


shutdown-message

サーバー停止時にクライアントに表示されるメッセージです。


allow-client-mods

クライアントがMod導入を認めるかの設定です。

特に指定しない場合はtrueで。


snooper-enabled

これはMojangに統計情報(スヌーパー)を送信するかの設定です。特に弄る必要はないと思います。


prevent-proxy-connections

VPNやプロキシ経由での接続を許可するかの設定です。

特に弄る必要はないと思います。

これ以上説明するとこれだけで一杯一杯になってしまうので、今回は設定ファイルについてはここまでにしておきます。


まとめ

Glowstoneは・・・。


  • 本家Minecraftサーバーに依存しない!

  • 簡単に構築できちゃうプラグイン型Minecraftサーバー!

  • SpigotやCraftBukkitと同じように、プラグインを追加できる!

  • オープンソース大好きっ子&マイクラ大好きっ子にはたまらない代物!

という感じになります。是非一度はGlowstoneで構築してみてはいかが?

ちなみにGlowstoneのライセンスはMITです。


スーパー蛇足(かもしれない)おまけ

祝!

結月ゆかり 6周年 & 紲星あかり 爆誕(発売)

おめでとうございます!!!!!