search
LoginSignup
0

posted at

updated at

PHPの設定について

自己紹介

はじめまして、日本システム開発株式会社の藤井といいます。
業務でPHPを触ることが多く、勉強してみようと思ってドキュメントを読み、役立ちそうな内容を記事にまとめています。
記事の内容は大体php.netに書いてありますが、ドキュメントを読むのが面倒くさいと思った方は、
ぜひこの記事を役立ててください。

設定の確認

設定は、phpinfoメソッド(詳細)で確認できます。
phpinfoメソッドはWebサーバー上で実行された場合はHTMLを出力し、CLIで実行された場合はプレーンテキストを出力するため、今回はWebサーバーを起動して設定の確認を行います。

1. Webサーバーの起動

php -S localhost:80

2. 実行ファイルの作成

まず、Webサーバーを起動したフォルダにindex.phpを作成します。
次にindex.phpにphpinfoメソッドを記載します。

<?php
phpinfo();

3. 設定の確認

ブラウザのURL欄に[http://localhost/]と入力し、設定を確認します。

設定ファイルについて

PHPの設定はphp.iniに記載します。
xamppをインストールした場合は、デフォルトでは「C:\xampp\php\php.ini」に保存されています。
「;」がコメント、区切り文字「=」のキーバリュー方式で設定を記載します。詳細はドキュメントを確認してください。

設定項目について

PHPの各設定項目にはモードが存在し、設定可能な場所が決まっています。
詳細はドキュメントに記載されていますが、

モード 設定可能な場所
PHP_INI_USER ユーザスクリプト(ini_set)、Windowsレジストリ、.user.ini
PHP_INI_PERDIR php.ini、.htaccess、httpd.conf、.user.ini
PHP_INI_SYSTEM php.ini、httpd.conf
PHP_INI_ALL どこでも設定可能

となっています。

各設定項目はドキュメントに羅列されています。
基本的な設定はコアに記載されており、拡張モジュールの機能は例)セッションなどの形式でまとめられています。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0