Help us understand the problem. What is going on with this article?

MicrosoftのRPA - Power Automate Desktop 10月アップデートについて

皆さんこんにちは、マイクロソフトの川端です。
Microsoft Power Automateの有用な情報を発信していきます。

1. はじめに

2020年9月のMicrosoft Igniteで発表のありましたPower Automate Desktop(プレビュー版)の10月アップデート情報が公表されました!
https://flow.microsoft.com/ja-jp/blog/power-automate-desktop-october-2020-update/

本内容はUIフローのインストールの際に確認できる下記バージョンでの動作内容となります。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-automate/ui-flows/setup

image.png

既にPower Automate Desktopを導入済みの場合には、一度Power Automate Desktopを端末からアンインストールし、最新版のインストーラーでお試しいただければと思います。

2. Power Automate Desktop(プレビュー版)の10月アップデート情報

コンソール内でのエラー通知が可能に

Power Automate Desktop内で管理されているフローを直接実行した場合に、実行エラー結果が返ってくるようになりました。
image.png

フロー名で扱える文字列が増えました

下記のような文字列「<>/*"」の扱いができるようになりました。
image.png

保存したフローのキャッシュを利用できることで読み込みが高速化

SaaSのPower Automateクラウドサービス(通常のワークフロー、ビジネスプロセスフローを管理している環境)からの読み込みが高速化されました。過去に読み込まれて変更がないPower Automate Desktopフローに関しては、ローカルにフローデータを保持しているので、高速に起動することが可能となりました。

Power Automateの実行履歴でサブフローの情報が参照できるように

Power Automateクラウドサービスにおける、[マイフロー]>[実行履歴]で実行ログを確認できるようになりました。
image.png

アクションパラメーターがグループ化され、より効率的に

パラメーターで画面上散在していたものをひとまとまりにし、分かりやすく変更されました。下記のような様々なアクションの設定がより直感的でわかりやすく構成されています。
image.png

デスクトップレコーダーで「キーの送信」アクションが記録できるように

画面操作を操作しながらフローを作成できるデスクトップレコーダーが更に高度化され、キーボード操作がデスクトップレコーダー上で記録できるようになりました。
image.png

SAPのレコーディングが可能に

SAPアプリケーションに対するレコーディングが可能になりました。

フローの実行中にサブフローの情報が参照でき操作できるように

フローの実行中にサブフローの操作が可能となりました。
image.png

Power Automate Desktopで新しいアイコンに

より直感的な親しみやすいアクション内のアイコンとなりました。
image.png

メールメッセージの変数プロパティのFromとToが取得できるように

「メールを取得」アクションのなかで、RetrievedEmailsの変数からFromとToが取り出せるようになりました。
image.png

UI Automation、Active Directory、OCR(光学文字認識)、ターミナルのエミュレーションモジュールの機能追加

TeamsやWindows標準のアプリケーションの画面コンポーネントの取得手段であるUI Automationが機能追加され、またOCRやターミナルのエミュレーションモジュールの機能が機能追加されました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away