Edited at

Linux Mint 18.3 Xfce で ネットワーク上の Brother MFC-935CDN プリンターとスキャナーが動くまで


はじめに

タイトルの通り、手持ちのプリンターの設定を忘れないためのものである。

基本的にはブラザーのホームページにある通りにインストールすれば問題もない。

ただ、スキャナが動かなかったので調べたところ、「よくあるご質問Q&A」にある対処法で上手く行ったのでそれを記しておきたい。


ドライバーのダウンロード

ここからダウンロードする。

cap001.png

Linux Mintなので、OSは「Linux」、OSのバージョンは「Linux(deb)」を選択し、決定を押す。

cap002.png

いろいろあるが、一番下にある「Linux簡易インストーラー」をクリック。

全部入れてくれるみたいだ。

cap003.png

「使用許諾に同意してダウンロード」をクリック。

ページが遷移し、gzファイルがダウンロードされる。


インストール

そのページにある手順でインストールする。


Step1.

ツールをダウンロードしてください。

Step2.

USB 接続の場合は、プリンターと PC を接続してください。

Step3.

ターミナルソフト (GNOME Terminal、Konsole 等)を起動してください。

Ubuntu の場合は、アプリケーション → アクセサリ → 端末 で起動します。

Step4.

1. でツールをダウンロードしたディレクトリーに移動してください。

例: cd /home/LOGINNAME/ダウンロード

(ダウンロード先ディレクトリーに関しては、環境毎に異なります)

Step5.

ツールを展開してください。

例: gunzip linux-brjprinter-installer-x.x.x-x.gz

Step6.

スーパーユーザーへ切り替えてください。

例: sudo su (Ubuntu 系の場合)

例: su (その他)

Step7.

ツールのファイル名の後にプリンター名を付加して、シェルにて実行してください(インターネットが利用できる状態で実行してください)。

例: bash linux-brjprinter-installer-x.x.x-x HL-1240

「該当するドライバパッケージが見つかりません。モデル名を確認してください。」と表示された場合は、下記をお試しください。

(1) 綴りに誤りがないか確認してください。

(2) 代替ドライバを使用するように書かれている場合は、その代替ドライバの機種名を入力してください。

例: DCP-115Cを使用する場合   

bash linux-brjprinter-installer-x.x.x-x MFC-410CN

(3) 上記でも見つからない場合は、機種名の数字の後のアルファベットや "/" 以降を省いた形で指定してください。

例: DCP-1000Jを使用する場合   

bash linux-brjprinter-installer-x.x.x-x DCP-1000

例: MFC-610CLN/CLWNを使用する場合   

bash linux-brjprinter-installer-x.x.x-x MFC-610

Step8.

指示に従って入力してください。

途中で DeviceURI を指定する場合、

USB 接続の場合は、"N" を選択してください。

ネットワーク接続の場合は、"Y" を選択後、DeviceURI の一覧から番号を選択してください。

※ インストールに数十秒かかることがあります。


Step7で指定する引数のモデル名はMFC-935CDNとする。

途中でテスト印刷するか聞いてくる。テスト印刷できなければなにか問題がある。

最後にスキャナードライバーの設定として、プリンターのIPアドレスを聞いてくるので、予めプリンター本体などで調べておく。

そして、最後に次のように表示されて終了する。

$  ご使用のプリンタ/MFCのIPアドレスを指定してください。->192.168.1.16

$
$ brsaneconfig3 -a name=MFC-935CDN model=MFC-935CDN ip=192.168.1.16

最後に表示された行をコピペして実行。

"MFC-935CDN" is already registered.

と表示されれば完了。

それ以外はモデル名などを間違っている可能性がある。

ここまでで、プリンターは動くが、スキャナーは動かない。


よくあるご質問Q&Aに書いてあったこと


Q. Ubuntu11.10以降の64ビット版において、スキャンができません

スキャナードライバーのインストール後に、/usr/lib64 にある下記ファイルを同一ディレクトリ構成で /usr/lib 以下にコピーしてください。

〜〜〜

■brscan3 の場合

/usr/lib64/libbrscandec3.so.1.0.0

/usr/lib64/sane/libsane-brother3.so.1.0.7

/usr/lib64/sane/libsane-brother3.so.1

/usr/lib64/sane/libsane-brother3.so

/usr/lib64/libbrscandec3.so

/usr/lib64/libbrscandec3.so.1

〜〜〜

例えば brscan3 の場合、下記コマンドを実行します

cp /usr/lib64/libbrscandec3.so.1.0.0 /usr/lib

cp /usr/lib64/sane/libsane-brother3.so.1.0.7 /usr/lib/sane

cp /usr/lib64/sane/libsane-brother3.so.1 /usr/lib/sane

cp /usr/lib64/sane/libsane-brother3.so /usr/lib/sane

cp /usr/lib64/libbrscandec3.so /usr/lib

cp /usr/lib64/libbrscandec3.so.1 /usr/lib

また、上記以外のファイルがない場合は、下記のコマンドで一括してコピーできます。

cp -r /usr/lib64/* /usr/lib

この情報はベータ2 にて検証されたものです。上記を行わなくてもスキャンできる場合は必要ありません。


次にドライバーを一旦終了させ、再起動させる。

$ brscan-skey -t

$ brscan-skey

これで動くようになる。

Xsaneなどで動作確認する。

以上