Build
wine
効率
遅い
Install略
More than 1 year has passed since last update.

目次


Inside Wine; Build


基本ビルド

git の設定が終わった事を前提にする。

$ ./configure

$ make -j 10
$ sudo make -j 10 install

が基本。既に wineserver が起動している場合には、

$ wineserver -k

で wineserver をいったん、終了させる。

この状態で、

$ wine notepad

などとすると、wineserver が自動的に起動される。

この後、Windows アプリによっては、日本語フォント関連で問題が生じることがある。その場合、自分の場合、

$ sudo apt-get remove wine

$ sudo apt-get install wine

で元に戻った。


本当のビルド

$ ./configure --prefix=/xxx/yyy

$ make -j 10
$ make -j 10 install

などとすることを勧めます。

現実に実験してみると、/xxx/yyy の permission のせいでしょうが、make install の sudo は必要ありませんでした。

こうすると、/usr/local/bin, /usr/local/lib の代わりに、

/xxx/yyy/bin, /xxx/yyy/lib にバイナリがインストールされます。


実際の現場のビルド

このままだとビルドとインストールにとてつもなく長く時間を取られます。

なので、ビルドに関しては、user32 にあるファイルだけを修正した場合には、

$ cd /dlls/user32

$ make -j 10

などとすると、そこに、user32.dll.so というファイルができるので、それを、wineserver に読み込ませてやれば、「ルート」からの全フォルダに対する make の必要もなく、make install の作業も必要なくなります。

その事は、環境変数 WINEDLLPATH の修正で行いますが、デフォルトでは、検索パスの優先順位に問題があるので、loader.c も修正します。さらに修正後の loader が利用されるように、さらに環境変数を設定します。これは、後に述べます。