Wine regedit.exe, 本家の本物のレジストリエディタを使う

More than 1 year has passed since last update.

目次


Inside Wine; regedit.exe, 本家の本物のレジストリエディタを使う。

結論から言うと、本家の regedit を wine で使おうということです。

wine 付属の regedit は、検索に不具合があり、検索しようとすると、左のツリー・ビューが激しく点滅(フリッキング)を起こして、検索にとても長い時間がかかってしまうからです。


やり方

結論から言うと、ulib.dll と clb.dll をwindows本家の /windows/system32 から、

./wine の system32 にコピーします。

それだけで、本家のregedit.exe が wine で起動できるようになります。


詳細

まず、本家の regedit.exe は、デフォルトでは、

c:/WINDOWS/regedit.exe

にありますが、Linux でのパスは、

/media/XXXXX/WINDOWS/regedit.exe

となります。試しに、

$ wine /media/XXXXX/WINDOWS/regedit.exe

としてみると、次のようなメッセージが出ます。

006b:err:module:import_dll Library ulib.dll (which is needed by L"D:\WINDOWS\regedit.exe") not found

006b:err:module:import_dll Library clb.dll (which is needed by L"D:\WINDOWS\regedit.exe") not found

006b:err:module:attach_dlls Importing dlls for L"D:\WINDOWS\regedit.exe" failed, status c0000135

そこで、ulib.dll と clb.dll を windows本家から、./wine の system32 にコピーするということになるわけです。

なお、ulib.dll と clb.dll は、元々の wine の ./wine の system32 には入っていませんので、上書きの心配なくコピーできます。

実際に、

$ wine /media/XXXXX/WINDOWS/regedit.exe

としてみると、本家の Windows と見た目まで「そっくり」なレジストリ・エディタが起動します。

そこで、キー名などを検索してみると、不具合も起きることなく、本家 Windows と同じように検索できます。