Help us understand the problem. What is going on with this article?

WordPressにMarkdown記法で投稿できるようにしたい

More than 1 year has passed since last update.

WordPressにMarkdown記法で投稿できるようにしたい

私事ですが、実は昨日WordPressでブログを開設いたしました。
祝開設!みたいな気分で毎日投稿するとか書いちゃってます。どうしよう・・・
QiitaにはMarkdownで気軽に投稿できるのに、ブログ(HTML)となるとなんだか気が重い・・・
ぼく「そうだ!Markdownで記事を書けるようにすればやる気出るかも説!!」

ということでWordPressにMarkdownで投稿出来るようにしたいと思います。

Markdownってなんぞ?

Wikipedia先生曰く、

Markdown(マークダウン)は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。本来はプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発されたものである。しかし、現在ではHTMLのほかパワーポイント形式やLaTeX形式のファイルへ変換するソフトウェア(コンバータ)も開発されている。各コンバータの開発者によって多様な拡張が施されるため、各種の方言が存在する。

だって。
簡単に言うと、
きれいな文書を、簡単な書き方で、わかりやすく書けるようにしたもの、だよ!」
ということです。

例として、HTMLで見出しを作ろうとすると、

<h1>私が見出しだ</h1>

このHTMLはMarkdownで書くと

# 私が見出しですわよ

こうなる。めっちゃ簡単ですやんね。
というわけでここQiitaだの、Githubだの、Trelloだの、様々なWebサービスで使われる、エンジニアなら覚えて損はない記法なのである。(というか知っとくべきと思う)

WordPressにプラグインを入れる。

ここからが本編。と言っても公式のプラグインを入れるだけだけど。

  1. プラグイン>新規追加からプラグインを検索
    markdownとかで検索すればOKです。

  2. 「Markdown Editer」をみつけてインストール
    比較的、更新日時が近かったのと、最新のWPに互換性ありとのことなのでこいつに決定
    Markdown Editor — WordPress プラグイン

  3. インストールが完了したら有効化を忘れずに。

これでおしまいです。

早速動作確認!

詳細を調べずにプラグインを入れたのでドキドキしながらいざ動作確認です!

WP_MDプラグイン.mov.gif
なかなかいい感じ・・・(録画してると緊張してタイプミスしまくり)
見出しについては記述に直接文字サイズが当たるみたいですね!

そして作成された記事がこんな感じ
スクリーンショット 2018-04-17 1.19.13.png
ふむふむ悪くない悪くない

そして、このQiita記事用のMarkdownをそのまま貼り付けてどうなるかやってみました!
それがこちらになります(3分クッキング風)
ちょっと見出しが大きすぎる・・・でもこれはテーマとの相性の問題でもありますね!

一旦このプラグインを使ってみることにします!

もし、Markdownならこのプラグインいいよ! みたいなのがあったら教えてください。
更新したいと思います。

Yuta_spade
福岡・天神でWebエンジニアをしています。 上流から下流まで、フロントからバックエンド、サーバ整備まで何でもやります。 最近はReact-NativeとVueで開発やってます。
https://spadeloves.tk
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした