Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
5
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@YusukeHosonuma

[DigitalOcean] Ubuntuをセットアップしてsshするまで(Mac)

More than 3 years have passed since last update.

作業メモとして共有したいと思います。

スクリーンショットは本日(2017/10/09)時点のものですのでご留意ください。
(古くなってもイメージは付きやすいかと思うので貼っておきます)

DigitalOceanの概要やアカウントのセットアップについては触れません。

ssh鍵の生成・登録

DigitalOceanにssh鍵を登録します。

すでに鍵があるので今回はそれを利用します。
ssh鍵がない場合にはssh-keygen -t rsaで作成すると良いでしょう。

アカウントの Settings > Security のページまで行くと SSH keys という設定があります。

Kobito.i75cDL.png

「Add SSH Key」というボタンをクリックして登録します。

Kobito.b2Y7Yb.png

公開鍵の内容をクリップボードにコピーし、上部のテキストボックスに貼り付けます。

$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub | pbcopy

Nameの方は分かりやすい名前にしておけば良いと思います。
(今回は、xxx's Mac Book Proといったような命名にしておきました)

以下のように無事追加されたかと思います。

Kobito.zeq2II.png

Dropletの作成

「Create Droplet」から作成します。

Kobito.VT8WJu.png

Distributions

Ubuntu を選択します。
Kobito.JJk7e9.png

Choose a size

今回は一番安いものを選択します。
Kobito.XFuki3.png

Choose a datacenter region

リージョンはあまりこだわりはないので、New York にしてみました。
(できるだけ利用者と近い地理の場所を選択するのがセオリーでしょう)

Kobito.VF7SoA.png

Add your SSH keys

さきほど作成したssh鍵にチェックを付けます。
Kobito.4RzJJr.png

作成

Dropletの数やホスト名、その他のオプションはそのままにして作成します。
Kobito.6dnJMK.png

画面が切り替わってDropletの作成が始まります。
Kobito.omGKau.png

ssh接続

IPアドレスの確認

Dropletsの「IP Address」の欄にフォーカスを当てると「Copy」と表示されるので、クリックしてIPアドレヅをコピーします。
Kobito.dwoj7E.png

接続

(現時点では)デフォルトでrootというユーザでssh接続出来るようになっているようなので、ターミナルから接続します。

$ ssh root@<IPアドレス>

最初の接続なので警告が出ますが、yesと入力します。

The authenticity of host '<IPアドレス> (<IPアドレス>)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:nYkqWlok1j+dhet5t6YdH/aXspvKTL8Mo1A8u1+EsAg.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes

無事にrootでログインできたかと思います。

Warning: Permanently added '<IPアドレス>' (ECDSA) to the list of known hosts.
Welcome to Ubuntu 16.04.3 LTS (GNU/Linux 4.4.0-93-generic x86_64)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com
 * Management:     https://landscape.canonical.com
 * Support:        https://ubuntu.com/advantage

  Get cloud support with Ubuntu Advantage Cloud Guest:
    http://www.ubuntu.com/business/services/cloud

0 packages can be updated.
0 updates are security updates.



The programs included with the Ubuntu system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Ubuntu comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent permitted by
applicable law.

root@ubuntu-512mb-nyc1-01:~#

作業ユーザ作成

このままでも作業は出来ますが、rootユーザでいろいろやるのは良くないので一般ユーザを作成します。

作成

adduserで作成します。
途中パスワードなど聞かれるので適当な値を入力しておきます。

# adduser <ユーザ名>

suでユーザ切り替えが出来ればOKです。

# su - <ユーザ名>
$ <ユーザ名>@ubuntu-512mb-nyc1-01:~$

authorized_keys への登録

追加したユーザもssh鍵認証でアクセス出来るように、authorized_keysへ公開鍵を書き込みます。

まずは~/.sshディレクトリを作成し、パーミッションを設定します。

$ mkdir ~/.ssh
$ chmod 700 ~/.ssh

次にローカルの公開鍵をコピーします。

$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub | pbcopy

authorized_keysへ書き込みます。
viエディタでファイルを作成・開いて、ペーストします。

$ vi ~/.ssh/authorized_keys

最後にパーミッションを設定して終了です。

$ chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys

ssh接続

設定がうまくいったかローカルからssh接続を試みます。

$ ssh <ユーザ名>@<IPアドレス>
Welcome to Ubuntu 16.04.3 LTS (GNU/Linux 4.4.0-93-generic x86_64)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com
 * Management:     https://landscape.canonical.com
 * Support:        https://ubuntu.com/advantage

  Get cloud support with Ubuntu Advantage Cloud Guest:
    http://www.ubuntu.com/business/services/cloud

0 packages can be updated.
0 updates are security updates.



The programs included with the Ubuntu system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Ubuntu comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent permitted by
applicable law.

<ユーザ名>@ubuntu-512mb-nyc1-01:~$

無事に接続することが出来ました。

最後に

そこまで大した作業ではないのですが、どこかにまとまってたら嬉しかったな、と思って記事にしてみました。もちろん自分の覚え書きの意味も込めて。

参考

https://www.digitalocean.com/
https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-16-04

5
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
YusukeHosonuma
iOSテスト本とか書きました。Qiitaでなくブログに書くことも多いです。 📕 iOSアプリ開発自動テストの教科書 / iOSテスト全書 💻 iOS / Swift / Haskell / Go / Java / Ruby 🎤 https://speakerdeck.com/yusukehosonuma

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
5
Help us understand the problem. What is going on with this article?