Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Atom] キーボードショートカット個人的まとめ(v1.3.2)

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

達人プログラマーによれば、

一つのエディターを熟知すること。

とのこと。

最近は「Atom」を使っているので、公式ページのドキュメントを見ながらメモってみました。

個人的なまとめなので、全ては網羅しておりませんがあしからず。

環境

Mac OS X(El Capitan)でv1.3.2のドキュメントを参考にしています。
(バージョン1.0になったので今後はそんなに変わらないと思いますが)

キーボードショートカット

「備考」には(覚えやすいように)元となったと思われる英単語を記入しています。
が、私の勘なので間違っている場合もあると思います。留意を。

基本

とりあえずコマンドパレットさえ開ければ、あとはなんとかなるみたいです。

操作 キー 備考
コマンドパレット cmd-shift-P Pallet
設定画面 cmd-,
タブを閉じる cmd-W
スニペット表示 alt-shift-S Snippet

保存・開く

操作 キー 備考
上書き保存 cmd-S Save
別名で保存 cmd-shift-S
開いているファイルを全て保存 cmd-alt-S
プロジェクトを追加 cmd-shift-O Open

ファイルを開く

Xcodeで言うところの「ファイル名を指定して開く」(cmd-shift-O)、
Eclipseで言うところの「型を指定して開く」。

操作 キー 備考
プロジェクトからファイルを探す cmd-T or cmd-P
現在開いてるファイルから探す cmd-B
コミットされていないgitファイルから探す cmd-shift-B

ツリーView

表示・非表示だけは覚えておきたい。

操作 キー 備考
ツリーViewの表示・非表示 cmd-\
ツリーViewにフォーカス ctrl-0
(ツリーView上で)追加 A Add
(ツリーView上で)名前変更 M Modify
(ツリーView上で)削除 Delete

ファイル設定

(忘れた時は)画面右下からマウスで選択することもできます。

操作 キー 備考
エンコードの種類を変更 ctrl-shift-U
ファイルの種類(シンタックス)を変更 ctrl-shift-L

移動

操作 キー 備考
単語単位の移動 alt-B / alt-F Back / Forward
行の先頭・末尾 ctrl-A / ctrl-E ? / End
ファイルの先頭・末尾 cmd-up / cmd-down

Vim使いは、Vimキーバーインドを使ったほうがよさ気?

ジャンプ

操作 キー 備考
行・桁番号でジャンプ ctrl-G(行:桁で移動)
シンボルで移動 cmd-R

シンボルはファイルの種類によってマチマチなご様子。

ブックマーク

操作 キー 備考
登録・解除 cmd-F2
一覧表示 ctrl-F2
順に移動 F2 / shift-F2

選択

shiftキーとカーソル移動系のショートカットは基本的に組み合わせられます。
(shift-cmd-up で現在位置からファイルの先頭まで選択、など)

操作 キー 備考
全選択 cmd-A All
1行選択 cmd-L Line
現在の単語を選択 ctrl-shift-W Word

編集

操作 キー 備考
カーソル前後の文字を入れ替え ctrl-T
次の行と結合 cmd-J Join
行の移動 cmd-ctrl-up / cmd-ctrl-down
行の複製 cmd-shift-D Dupulicate
現在の単語を大文字に cmd-K → U Upper
現在の単語を小文字に cmd-K → L Lower

前から思っていたけれど「カーソル前後の文字を入れ替え」ってどういう時に使うと便利なんだろ?
タイプミスした時?

削除・カット

操作 キー 備考
1行削除 ctrl-shift-K
末尾までカット ctrl-K
単語の先頭・末尾まで削除 alt-H / alt-D

このあたりエディタやIDEによってキーバインドがわりと違う気がします。

マルチカーソル

マルチカーソルはとても便利です。
ご存じない方は「ドットインストール」の動画などで是非。

操作 キー 備考
カーソル追加 cmd-click
複数行の選択からマルチカーソルへ cmd-shift-L
次の同じ単語を追加選択 cmd-D
同じ単語を全選択 ctrl-cmd-G

ブラケット(括弧)

操作 キー 備考
対応する括弧へ移動 ctrl-M
現在のブロックを選択 ctrl-cmd-M

検索

操作 キー 備考
現在のタブから検索 cmd-F Find
プロジェクトから検索 cmd-shift-F Find
(検索したあとで)前・次の検索結果へ cmd-shift-G / cmd-G

折りたたみ

操作 キー 備考
折りたたむ alt-cmd-[
開く alt-cmd-]
全て折りたたむ alt-cmd-shift-[
全て開く alt-cmd-shift-]

パネル

操作 キー 備考
パネル分割 cmd-K → カーソルキー
パネル間の移動 cmd-K → cmd-カーソルキー

Markdown

操作 キー 備考
Markdownプレビュー表示 ctrl-shift-M

Markdownは以下のようなスニペットが用意されている。
(テーブルとか毎回ググっちゃうのでありがたい)
- img
- table
- b (bold)
- i (italic)

終わりに

1つでも参考になったショートカットはありましたか?

僕はまとめている最中「こんなのあったんだ!」っていうの結構ありました。

近道あればそれが王道

と昔から言われますので、ショートカットキーを使いこなせるように頑張ります。
(元ネタ:Don't say "Lazy" / けいおん)

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away