RaspberryPi
raspberrypizero

Raspberry pi Zero で設定したこと

Raspberry pi Zero を購入し、最初に設定したことのメモ

  1. RASPBIAN STRETCH LITEをダウンロード
  2. SD カードのフォーマット
  3. SD カードへイメージファイルを書き込む
  4. 画面解像度の変更
  5. 日本語キーボード設定
  6. WiFi の設定
  7. VNC接続
  8. xrdp をインストール
  9. SSH のリスタート
  10. パッケージのアップデート

RASPBIAN STRETCH LITEをダウンロード

SD カードのフォーマット

SD カードへイメージファイルを書き込む

画面解像度の変更

  • 画面の上下、左右が見切れていたので、画面解像度を修正

tvservice -s

で画面解像度を確認。私の場合

status 0x12000a [HDMI DMT (46) RGB full 16.10], 1440x900 @ 60.00Hz,
progressive

と表示される。「/boot/config.txt」を編集

'#hdmi_group=1
'#hdmi_mode=1

となっている箇所を、私の場合

hdmi_group=2
hdmi_mode=16

と修正、"#はコメントを表しているので、消す。
もう一度 > tvservice -s で確認すると、

status 0x12000a [HDMI DMT (46) RGB full 4.3], 1024x768 @ 60.00Hz,
progressive

日本語キーボード設定

  • 設定変更コマンドで設定

sudo /usr/bin/raspi-config

  • I2 Change Timezone

ASIA TOKYO Return MEnueが出るまで待つ

  • I3 Change Keyboard Layout

適当に106-keyを選択

Keyboard layout: Other -> Japanease
Keyboard layout -> Japanease
Key to function as AltGr: The default for the keyboard layout
Compose key -> Right Alt(AltGr)

  • expand filesystem

SDの容量を解放する。
Advanced Options の中にある。

df

で確認できる。

WiFi の設定

  • /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf を編集し、以下を追加する。

network={
ssid="○○○○" # ESSID
psk="△△△△" # 暗号化キー
}

  • ssidの文字列の前にTABを入れてはいけない。
  • IP Adress を確認

ifconfig wlan0

VNC接続

  • 設定変更コマンドで設定

sudo /usr/bin/raspi-config

Interfacing Options
- P3 VNCをenableに

xrdp をインストール

sudo apt-get install xrdp

SSH のリスタート

  • /etc/rc.local に以下を追加、毎回起動時にsshをリスタートさせる。

sudo /etc/init.d/ssh restart

パッケージのアップデート

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

最後に

sudo reboot

(おまけ)ALSA のライブラリ

sudo apt-get install libasound2
sudo apt-get install libasound-dev