Posted at

TSLint5.0で重要度設定

More than 1 year has passed since last update.


TSLint 5.0リリース

TSLint 5.0がリリースされました:metal:メンバーが増えて開発が加速し、既に5.1もリリースされています。5.0の記事を書き遅れた感はありますが、gulp-tslint 8.0が5.0をサポートたので、重要度設定についてだけでも紹介したいと思います。なお、バージョンアップに伴い、TSのバージョンは2.1以上が求められるようになっています。


Serverity level (重要度設定)

TSLint 5.0から、重要度を設定できるようになりました。それに伴い、tslint.jsonのプロパティにdefaultSeverityseverityが追加されています。defaultSeverityは重要度の既定値で、default | error | warn | warning | none | offのいづれかを設定できます。一方、severityはルールごとに設定でき、error | warn | warning | none | offを使えます。つまり、ルールごとに重要度を切り替えられるようになったということです。

{

"defaultSeverity": "error",
"rules": {
"array-type": {
"options": "array-simple",
"severity": "warning"
},
"arrow-parens": true
}
}

上記の例では、既定の重要度をerrorに、array-typeはwarningに設定しています。そのためarrow-parensルールに違反した場合はエラーと表示されていますが、array-typeの場合はwarningになっています。