Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@Yubi-Saburo

多要素認証で安全なリモートアクセスVPN - Cisco AnyConnect+YubiKey -

はじめに

働き方改革や新型コロナウイルス対策の一環としてテレワークが日常化する中、不正アクセスによる情報漏洩が後を絶ちません。テレワークでは、自宅と会社間を接続して利用されることの多いリモートアクセスVPNを、より安全に運用することが課題となっています。
この課題を解決するために有用な手段として、多要素認証(Multi Factor Authentication 以下、MFA)が挙げられます。
本記事では、Cisco社のVPNルーターを利用してリモートアクセスVPNを行う際のログイン認証をMFA化することを目的としています。

下記、RADIUS Server構築pam_yubicoのインストールについてはRadius認証をMFA化する内容です。Cisco製品以外のVPNサーバーでも応用が可能ですので、必要に応じてご参照ください。

Why MFA?

 一般的なログイン認証には、ユーザー名(ID)とパスワードを用います。しかし、パスワードは一度漏洩してしまうと、意図しない他ユーザー(悪意を持ったユーザも含む)でも認証が可能となり、情報漏洩の原因になります。
 そこで、認証に必要な要素を複数(多要素)にすることで、万が一パスワードが漏洩した場合でも、パスワード以外の他要素が揃わないとログイン認証ができないMFA化が、情報漏洩対策には非常に有効な手段となります。

MFAの認証要素

今回のMFA認証要素は、利用者が『知っている要素』と『持っている要素』の二要素でMFA化するための手順を紹介します。

MFA構成要素
  • 知っている要素 = パスワード
  • 持っている要素 = 認証器(YubiKey※1
YubiKey※1

Yubico社が提供しているハードウェア認証デバイスです。現在、ユーザー認証で利用される主要なプロトコルOTP、FIDO、OAuth、PIV、OpenPGP等に対応している製品です。
RDIUS認証ではYubico OTP(One Time Password:一度きりの使い捨てパスワード)という仕組みを利用します。

YubiKey.png
YubiKeyのご紹介:https://www.meettheyubikey.com/technology/detail.php?eid=00003

運用イメージ:

リモートアクセスVPNのログインをMFA化することにより、運用イメージは次の動画のようになります。(Yubico Blogより)

Secure VPN access with MFA

参照(yubico blog):
https://www.yubico.com/blog/5-ways-the-yubikey-can-protect-your-remote-workforce-from-phishing-and-other-attacks/

構成概要

Cisco ASA5506-X(VPNルーター) と AnyConnect(VPNクライアント)で構成したリモートアクセスVPN環境を元に、YubiKeyを用いてMFAを構成します。
Cisco ASAはRADIUS Clientとして動作可能です。アカウントの認証や認可を外部のRADIUS Serverに委ねることができ、MFAなどの認証を拡張する際に必要な機能となります。今回は、YubiKeyによるMFAを行うRADIUS Serverを構築し、Cisco ASAと認証連携する流れとなります。

システム構成図

実験環境は、以下の構成でリモートアクセスVPNを構築しています。
System構成図.png

Cisco ASA Server
  • VPNルーターとしてCisco ASA5506-Xを使用しています。
AnyConnect
  • 利用者のリモート環境にインストールしてVPN接続するためのソフトです。
  • WindowsやmacOSをはじめ、LinuxやiOS、Androidに対応しています。
FreeRADIUS
  • RDIUS Serverを構築する際に利用するコンポーネントです。
pam_yubico
  • YubiKeyの認証を行うことが可能なPAM(Pluggable Authentication Modules)です。PAMは、UNIX(Linux)で利用される認証の仕組みで、様々な認証方法で構成することが可能です。 pam_yubicoはyubico社が無償で提供しています。詳細は以下をご参照ください。 https://developers.yubico.com/yubico-pam/
主要コンポーネント

1.リモートアクセスVPN Server(Cisco ASA5506-X)
- ASDM :asdm-7141-48.bin

2.VPN Clientソフトウェア
AnyConnect
- Windows用 :anyconnect-win-4.8.03052-webdeploy-k9.pkg
- macOS用 :anyconnect-mac-4.8.03052-webdeploy-k9.pkg

3.RADIUS Server
- OS : CentOS 8 :4.18.0-193.6.3.el8_2.x86_64
- FreeRADIUS :FreeRADIUS Version 3.0.17
- pam_yubico :pam_yubico-2.26-4.el8.x86_64.rpm

RADIUS Server構築

今回、RADIUS Serverで使用したのはCentOS 8(4.18.0-193.6.3.el8_2.x86_64)です。
※OSは既にインストール済みとして説明します。
カーネル、パッケージ情報は事前にアップデートして下さい。
カーネルの更新が行われた場合は、変更内容を反映させるため再起動する必要があります。

bash
sudo dnf -y update
sudo dnf -y update kernel *
sudo reboot

ユーザーアカウントの追加

リモートアクセスVPNのユーザーアカウントを作成します。ここでは、testuser1、testuser2というアカウントを追加しています。(パスワードを"password"と設定していますが、システムポリシーに従って決定して下さい)

bash
sudo useradd testuser1
sudo passwd testuser1
ユーザー testuser1 のパスワードを変更。
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:

sudo useradd testuser2
sudo passwd testuser2
ユーザー testuser2 のパスワードを変更。
新しいパスワード:
新しいパスワードを再入力してください:

freeRADIUSのインストール

freeRADIUSと動作確認を行うためのユーティリティをインストールします。

bash
sudo dnf -y update
sudo dnf install -y @freeradius freeradius-utils

RADIUSセッティング

1./etc/raddb/radiusd.confをバックアップし、RADIUSデーモンからPAMモジュールを呼び出せるようにroot権限を付与します。

bash
cp -piv /etc/raddb/radiusd.conf /etc/raddb/radiusd.conf_`date "+%Y%m%d"`.org
sudo vi /etc/raddb/radiusd.conf

user = radiusd
group = radiusd

user = root
group = root

2./etc/raddb/sites-available/defaultをバックアップし、RADIUS認証でPAMを有効化します。

bash
cp -piv /etc/raddb/sites-available/default /etc/raddb/sites-available/default_`date "+%Y%m%d"`.org
sudo vi /etc/raddb/sites-available/default

#
# Pluggable Authentication Modules.
# pam

#
# Pluggable Authentication Modules.
pam

3./etc/raddb/clients.confをバックアップし、ファイルの末尾に次のclient定義を追加し、IPアドレスレンジとsecretを設定します。

bash
cp -piv /etc/raddb/clients.conf /etc/raddb/clients.conf_`date "+%Y%m%d"`.org
sudo vi /etc/raddb/clients.conf

client remote_access_vpn_auth {
ipaddr = 192.168.1.0/24
secret = secret-key
}

※例ではremote_access_vpn_authという名前で、IPアドレスレンジとsecretを設定していますが、環境に合わせて設定してください。

4./etc/raddb/usersをバックアップし、Auth-TypeをPAMに変更します。

bash
cp -piv /etc/raddb/users /etc/raddb/users_`date "+%Y%m%d"`.org
sudo vi /etc/raddb/users

DEFAULT Auth-Type := System

DEFAULT Auth-Type := PAM

5.シンボリックリンクを追加し、PAMモジュールを有効化します。

bash
$ sudo ln -s /etc/raddb/mods-available/pam /etc/raddb/mods-enabled/pam

6.RADIUSサービスを有効化して起動します。

bash
  $sudo systemctl enable --now radiusd.service

pam_yubicoのインストール

ユーザーに割り当てたYubiKeyの認証を行うためのPAM(Pluggable Authentication Modules)をインストールします。

shell
$ cd /tmp
$ wget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/8/Everything/x86_64/Packages/l/libyubikey-1.13-11.el8.x86_64.rpm
$ wget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/8/Everything/x86_64/Packages/y/ykclient-2.15-9.el8.x86_64.rpm
$ wget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/8/Everything/x86_64/Packages/y/ykpers-1.20.0-3.el8.x86_64.rpm
$ wget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/8/Everything/x86_64/Packages/p/pam_yubico-2.26-4.el8.x86_64.rpm
$ rpm -Uvh libyubikey-1.13-11.el8.x86_64.rpm
$ rpm -Uvh ykclient-2.15-9.el8.x86_64.rpm
$ rpm -Uvh ykpers-1.20.0-3.el8.x86_64.rpm
$ rpm -Uvh pam_yubico-2.26-4.el8.x86_64.rpm
$ rm -f *.rpm

PAMモジュールが正しくインストールされているか確認します。

bash
find / -name "pam_yubico.so" -print
/usr/lib64/security/pam_yubico.so

YubiKey Mappingファイルを作成して設定します。

bash
sudo vi /etc/yubikey_mappings

pam_yubico.soが認証できるようにユーザーとYubiKeyを紐付け、/etc/yubikey_mappingsという名前でマッピングファイルを作成します。
ファイル内容は以下のフォーマットで指定します。

ユーザー1:トークンID1:[トークンID2]...
ユーザー2:トークンID1:[トークンID2]...
...

今回は、上記 ユーザーアカウントの追加 で作成したtestuser1、testuser2にそれぞれ別のYubiKeyを割り当てます。
実際のトークンIDはお手持ちのYubiKeyに設定されている値を指定してください。
※トークンIDは、YubiKeyのボタンを押したときに発行されるOTPの先頭12文字です。

testuser1:xxxxxxxxxxxe
testuser2:xxxxxxxxxxxf

RDIUS認証で使用する認証定義ファイル/etc/pam.d/radiusdを現在日付でバックアップして編集します。

bash
cp -piv /etc/pam.d/radiusd /etc/pam.d/radiusd_`date "+%Y%m%d"`.org
sudo vi /etc/pam.d/radiusd

RDIUS認証で使用する認証定義ファイル/etc/pam.d/radiusdを編集します。
radiusdの先頭行に以下の定義を追加します。

auth required pam_yubico.so id=16 debug authfile=/etc/yubikey_mappings

YubiKeyによるMFA認証の動作確認


RADIUS Serverが正常に起動していることを確認するためにはradtestコマンドを利用します。
第二引数は、パスワードとYubicoOTPを繋ぎ合わせた文字列を指定します。

radtest USERNAME パスワード+YubicoOTP DST-ADDRESS SRC-PORT SHARED-SECRET

実行後、成功すればReceived Access-Acceptが表示されます。Received Access-Rejectの場合は、/var/log/radius/radius.logの内容を確認し、拒否された原因を確認します。

bash
$ radtest testuser1 passwordxxxxxxxxxxxevgdgthvebvgdenllcdnfbfijhdvcrefu 192.168.1.251 123456 secret-key
Sent Access-Request Id 59 from 0.0.0.0:35079 to 192.168.1.251:1812 length 122
    User-Name = "testuser1"
    User-Password = "passwordxxxxxxxxxxxevgdgthvebvgdenllcdnfbfijhdvcrefu"
    NAS-IP-Address = 127.0.0.1
    NAS-Port = 123456
    Message-Authenticator = 0x00
    Cleartext-Password = "passwordxxxxxxxxxxxevgdgthvebvgdenllcdnfbfijhdvcrefu"
Received Access-Accept Id 59 from 192.168.1.251:1812 to 192.168.1.251:35079 length 20

ASA5506とRADIUS Serverの連携(CUI)

ASA5506-XとRadius Serverを連携します。Radius ServerのIPアドレスは192.168.1.251としています。
ASA5506のLAN側を192.168.1.0/24としてinboundという名称を付けて、server_groupを"YUBIKEY-RADIUS-AUTH"として定義しています。

aaa-server YUBIKEY-RADIUS-AUTH protocol radius
accounting-mode YUBIKEY-RADIUS-AUTH simultaneous
aaa-server YUBIKEY-RADIUS-AUTH (inbound) host 192.168.1.251
key secret-key
authentication-port 1812
accounting-port 1813
aaa authentication ssh console LOCAL
aaa authentication http console LOCAL

※keyにはRadius Serverで設定したシークレット(secret-key)を設定します。

1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Yubi-Saburo
日本情報システム株式会社でYubiKey関連のソリューション開発をしています。 一人でも多くの方にYubiKeyの良さをお伝えしたいと考えております。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?