Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
13
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

@Yu-Nie

ブロックチェーンで動くフリマアプリを作ってみる~スマートコントラクト編~

はじめに

image.png
 実行結果がブロックチェーンに保存されるプログラムをスマートコントラクトといいます.ブロックチェーンの内容は改ざんすることができないので,スマートコントラクトを使えば,中央管理者のいないサービスを作ることができます.
 そこで(勉強も兼ねてなんですが汗)スマートコントラクトでフリマアプリを作ってみました.もし実現すれば,中央管理者がいないので手数料が格安になります.国境も関係なく,仮想通貨を持っている人ならだれでも参加できます.仮想通貨を利用したシェアリングエコノミーって夢を感じませんか?(^ー^* )ちなみに売上げの5%はユニセフに寄付,残りは全て出品者に渡すので,オーナーの利益はゼロという賢者仕様です.
 プラットフォームはBitcoinの次くらいに有名な仮想通貨,イーサリアムです.Remix-Solidity IDEで開発しました.Solidityはスマートコントラクトの開発で現在最も利用されている言語です.Remixはその総合開発環境のひとつで,ブラウザで動くため環境構築がいりません.簡単です.
 お気づきの点がありましたら,コメント頂けますと幸いです.m(__)m

 よかったら以下の記事もご覧ください。
ブロックチェーンで動くフリマアプリを作ってみる~フロントエンド編~

代表的な関数の説明

 以下の順番で関数を実行すれば一通りの取引が完了します.需要があれば説明はおいおい詳しくしていこうと思います.

1.アカウント作成

function registerAccount(string _name, string _email) public isStopped {
        require(!accounts[msg.sender].resistered); // 未登録のethアドレスか確認

        accounts[msg.sender].name = _name;   // 名前
        accounts[msg.sender].email = _email; // emailアドレス
        accounts[msg.sender].resistered = true;
    }
引数 説明
_name アカウント名
_email アカウントのemailアドレス

 このスマートコントラクトの利用にはアカウント登録が必要としました.各ユーザーに対して以下の情報を記録します.

// アカウント情報
struct account {
string name;          // 名前
string email;         // emailアドレス
uint numTransactions; // 取引回数
int reputations;      // 取引評価, 大きい値ほど良いユーザー
bool resistered;      // アカウント未登録:false, 登録済み:true
}
mapping(address => account) public accounts;

2.出品

// 出品する関数
function sell(string _name, string _description, uint _price, string _googleDocID, string _ipfsHash) public onlyUser isStopped {
        items[numItems].sellerAddr = msg.sender;            // 出品者のethアドレス
        items[numItems].seller = accounts[msg.sender].name; // 出品者名
        items[numItems].name = _name;                       // 商品名
        items[numItems].description = _description;         // 商品説明
        items[numItems].price = _price;                     // 商品価格
        images[numItems].googleDocID = _googleDocID;        // ファイルのid
        images[numItems].ipfsHash = _ipfsHash;              // ファイルのハッシュ
        accounts[msg.sender].numSell++;                     // 出品した商品数の更新
        sellItems[msg.sender].push(numItems);               // 各ユーザーが購入した商品の番号を記録
        numItems++;
    }
引数 説明
_name 商品名
_description 商品説明
_price 商品価格
_googleDocID 商品画像:googleドライブのファイルID
_ipfsHash 商品画像:IPFSのファイルハッシュ

 この関数を実行すると商品番号(numItems)が出品順に与えられます.各商品は以下の情報を持っています.商品画像はgoogleドライブかIPFSに保存することとしました.

struct item {
        address sellerAddr;  // 出品者のethアドレス
        address buyerAddr;   // 購入者のethアドレス
        string seller;       // 出品者名
        string name;         // 商品名
        string description;  // 商品説明
        uint price;          // 価格
        bool payment;        // false:未支払い, true:支払済み
        bool shipment;       // false:未発送, true:発送済み
        bool receivement;    // false:未受取り, true:受取済み
        bool sellerReputate; // 出品者の評価完了フラグ, false:未評価, true:評価済み
        bool buyerReputate;  // 購入者の評価完了フラグ, false:未評価, true:評価済み
        bool stopSell;       // false:出品中, true:出品取消し
    }
    mapping(uint => item) public items;

    // 商品画像はgoogleドライブかIPFSに保存する
    struct image {
        string googleDocID; // ファイルのid
        string ipfsHash;    // ファイルのハッシュ
    }
    mapping(uint => image) public images;

3.購入

function buy(uint _numItems) public payable onlyUser isStopped {
        require(_numItems < numItems);                // 存在する商品か確認
        require(!items[_numItems].payment);           // 商品が売り切れていないか確認
        require(!items[_numItems].stopSell);          // 出品取消しになっていないか確認
        require(items[_numItems].price == msg.value); // 入金金額が商品価格と一致しているか確認

        items[_numItems].buyerAddr = msg.sender; // 購入者のethアドレス
        items[_numItems].payment = true;         // 支払済みにする
        items[_numItems].stopSell = true;        // 売れたので出品をストップする
        accounts[msg.sender].numBuy++;           // 購入した商品数の更新
        buyItems[msg.sender].push(_numItems);    // 各ユーザーが購入した商品の番号を記録
    }
引数 説明
_numItems 商品番号

 購入商品は商品番号で指定します.代金は一旦スマートコントラクトで預かります.

4.商品の発送

function ship(uint _numItems) public onlyUser isStopped {
        require(items[_numItems].sellerAddr == msg.sender); // コントラクトの呼び出しが出品者か確認
        require(_numItems < numItems);       // 存在する商品か確認
        require(items[_numItems].payment);   // 入金済み商品か確認
        require(!items[_numItems].shipment); // 未発送の商品か確認

        items[_numItems].shipment = true;  // 発送済みにする
    }
引数 説明
_numItems 商品番号

 ここで,発送に必要な情報(住所とか)どうやって連絡するんだ?ということになります.ウォレットのアドレスとアカウント情報からEmailアドレスが分かるので,一旦,出品者と購入者にEmailでやり取りしてもらうことにしました.

5.商品の受取り

function receive(uint _numItems) public payable onlyUser isStopped {
        require(items[_numItems].buyerAddr == msg.sender); // コントラクトの呼び出しが購入者か確認
        require(_numItems < numItems);          // 存在する商品か確認
        require(items[_numItems].shipment);     // 発送済み商品か確認
        require(!items[_numItems].receivement); // 受取前の商品か確認

        items[_numItems].receivement = true;
        // 受取りが完了したら出品者とユニセフにethを送金する
        donation.transfer(items[_numItems].price * 1 / 20); // 売上の5%を寄付
        items[_numItems].sellerAddr.transfer(items[_numItems].price * 19 / 20); // 残りを出品者に送金する
    }
引数 説明
_numItems 商品番号

 商品の受取りが完了するまで,出品者へ売上は送金されません.商品受取り完了後,スマートコントラクトへ預けられていたイーサリアムが自動的に送金されます.なお,売上の5%はユニセフに募金されます.

6.出品者,購入者の評価

// 購入者が出品者を評価する関数
function sellerEvaluate(uint _numItems, int _reputate) public onlyUser isStopped {
        require(items[_numItems].buyerAddr == msg.sender); // コントラクトの呼び出しが購入者か確認
        require(_numItems < numItems);                     // 存在する商品か確認
        require(_reputate >= -2 && _reputate <= 2);        // 評価は-2 ~ +2の範囲で行う
        require(!items[_numItems].sellerReputate);         // 購入者の評価が完了をしていないことを確認

        accounts[items[_numItems].sellerAddr].numTransactions++;        // 出品者の取引回数の加算
        accounts[items[_numItems].sellerAddr].reputations += _reputate; // 出品者の評価の更新
        items[_numItems].sellerReputate = true;                         // 評価済みにする
    }
引数 説明
_numItems 商品番号
_reputate 評価値

 評価値は-2~+2の範囲で指定します.上記のコードは購入者が出品者を評価する関数ですが,逆の関数もあります.

ソースコード

pragma solidity ^0.4.25;

contract KappaMarket {

    address owner;        // コントラクトオーナーのアドレス
    address donation;     // ユニセフのアドレス 
    uint public numItems; // 商品数
    bool public stopped;  // trueの場合Circuit Breakerが発動し,全てのコントラクトが使用不可能になる

    // コンストラクタ
    constructor() public {
        owner = msg.sender;
        // ユニセフのアドレス
        // http://helpdesk.unicef.org.nz/knowledge_base/topics/donate-to-unicef-via-cryptocurrencies
        donation = 0xB9407f0033DcA85ac48126a53E1997fFdE04B746;
    }

    // コントラクトの呼び出しがコントラクトのオーナーか確認
    modifier onlyOwner {
        require(msg.sender == owner);
        _;
    }

    // Circuit Breaker
    modifier isStopped {
        require(!stopped);
        _;
    }

    // Circuit Breakerを発動,停止する関数
    function toggleCircuit(bool _stopped) public onlyOwner {
        stopped = _stopped;
    }

    // コントラクトの呼び出しがアカウント情報登録済みユーザーか確認
    modifier onlyUser {
        require(accounts[msg.sender].resistered);
        _;
    }

    // 商品情報
    struct item {
        address sellerAddr;  // 出品者のethアドレス
        address buyerAddr;   // 購入者のethアドレス
        string seller;       // 出品者名
        string name;         // 商品名
        string description;  // 商品説明
        uint price;          // 価格
        bool payment;        // false:未支払い, true:支払済み
        bool shipment;       // false:未発送, true:発送済み
        bool receivement;    // false:未受取り, true:受取済み
        bool sellerReputate; // 出品者の評価完了フラグ, false:未評価, true:評価済み
        bool buyerReputate;  // 購入者の評価完了フラグ, false:未評価, true:評価済み
        bool stopSell;       // false:出品中, true:出品取消し
    }
    mapping(uint => item) public items;

    // 商品画像の在り処
    // 商品画像はgoogleドライブかIPFSに保存する
    struct image {
        string googleDocID; // ファイルのid
        string ipfsHash;    // ファイルのハッシュ
    }
    mapping(uint => image) public images;

    // アカウント情報
    struct account {
        string name;          // 名前
        string email;         // emailアドレス
        uint numTransactions; // 取引回数
        int reputations;      // 取引評価, 大きい値ほど良いユーザー
        bool resistered;      // アカウント未登録:false, 登録済み:true
        int numSell;          // 出品した商品の数
        int numBuy;           // 購入した商品の数
    }
    mapping(address => account) public accounts;

    // 各ユーザーが出品した商品の番号を記録する配列
    mapping(address => uint[]) public sellItems;

    // 各ユーザーが購入した商品の番号を記録する配列
    mapping(address => uint[]) public buyItems;

    // 返金する際に参照するフラグ
    mapping(uint => bool) public refundFlags; // 返金すると,falseからtrueに変わる

    // アカウント情報を登録する関数
    function registerAccount(string _name, string _email) public isStopped {
        require(!accounts[msg.sender].resistered); // 未登録のethアドレスか確認

        accounts[msg.sender].name = _name;   // 名前
        accounts[msg.sender].email = _email; // emailアドレス
        accounts[msg.sender].resistered = true;
    }

    // アカウント情報を修正する関数
    function modifyAccount(string _name, string _email) public onlyUser isStopped {
        accounts[msg.sender].name = _name;   // 名前
        accounts[msg.sender].email = _email; // emailアドレス
    }

    // 出品する関数
    function sell(string _name, string _description, uint _price, string _googleDocID, string _ipfsHash) public onlyUser isStopped {
        items[numItems].sellerAddr = msg.sender;            // 出品者のethアドレス
        items[numItems].seller = accounts[msg.sender].name; // 出品者名
        items[numItems].name = _name;                       // 商品名
        items[numItems].description = _description;         // 商品説明
        items[numItems].price = _price;                     // 商品価格
        images[numItems].googleDocID = _googleDocID;        // ファイルのid
        images[numItems].ipfsHash = _ipfsHash;              // ファイルのハッシュ
        accounts[msg.sender].numSell++;                     // 出品した商品数の更新
        sellItems[msg.sender].push(numItems);               // 各ユーザーが購入した商品の番号を記録
        numItems++;
    }

    // 出品内容を変更する関数
    function modifyItem(uint _numItems, string _name, string _description, uint _price, string _googleDocID, string _IPFSHash) public onlyUser isStopped {
        require(items[_numItems].sellerAddr == msg.sender);  // コントラクトの呼び出しが出品者か確認
        require(!items[_numItems].payment);                  // 購入されていない商品か確認
        require(!items[_numItems].stopSell);                 // 出品中の商品か確認

        items[_numItems].seller = accounts[msg.sender].name; // 出品者名
        items[_numItems].name = _name;                       // 商品名
        items[_numItems].description = _description;         // 商品説明
        items[_numItems].price = _price;                     // 商品価格
        images[numItems].googleDocID = _googleDocID;         // ファイルのid
        images[numItems].ipfsHash = _IPFSHash;               // ファイルのハッシュ
    }

    // 購入する関数
    function buy(uint _numItems) public payable onlyUser isStopped {
        require(_numItems < numItems);                // 存在する商品か確認
        require(!items[_numItems].payment);           // 商品が売り切れていないか確認
        require(!items[_numItems].stopSell);          // 出品取消しになっていないか確認
        require(items[_numItems].price == msg.value); // 入金金額が商品価格と一致しているか確認

        items[_numItems].buyerAddr = msg.sender; // 購入者のethアドレス
        items[_numItems].payment = true;         // 支払済みにする
        items[_numItems].stopSell = true;        // 売れたので出品をストップする
        accounts[msg.sender].numBuy++;           // 購入した商品数の更新
        buyItems[msg.sender].push(_numItems);    // 各ユーザーが購入した商品の番号を記録
    }

    // 発送完了時に呼び出される関数
    function ship(uint _numItems) public onlyUser isStopped {
        require(items[_numItems].sellerAddr == msg.sender); // コントラクトの呼び出しが出品者か確認
        require(_numItems < numItems);       // 存在する商品か確認
        require(items[_numItems].payment);   // 入金済み商品か確認
        require(!items[_numItems].shipment); // 未発送の商品か確認

        items[_numItems].shipment = true;  // 発送済みにする
    }

    // 商品受取り時に呼び出される関数
    function receive(uint _numItems) public payable onlyUser isStopped {
        require(items[_numItems].buyerAddr == msg.sender); // コントラクトの呼び出しが購入者か確認
        require(_numItems < numItems);          // 存在する商品か確認
        require(items[_numItems].shipment);     // 発送済み商品か確認
        require(!items[_numItems].receivement); // 受取前の商品か確認

        items[_numItems].receivement = true;
        // 受取りが完了したら出品者とユニセフにethを送金する
        donation.transfer(items[_numItems].price * 1 / 20); // 売上の5%を寄付
        items[_numItems].sellerAddr.transfer(items[_numItems].price * 19 / 20); // 残りを出品者に送金する
    }

    // 購入者が出品者を評価する関数
    function sellerEvaluate(uint _numItems, int _reputate) public onlyUser isStopped {
        require(items[_numItems].buyerAddr == msg.sender); // コントラクトの呼び出しが購入者か確認
        require(_numItems < numItems);                     // 存在する商品か確認
        require(_reputate >= -2 && _reputate <= 2);        // 評価は-2 ~ +2の範囲で行う
        require(!items[_numItems].sellerReputate);         // 購入者の評価が完了をしていないことを確認

        accounts[items[_numItems].sellerAddr].numTransactions++;        // 出品者の取引回数の加算
        accounts[items[_numItems].sellerAddr].reputations += _reputate; // 出品者の評価の更新
        items[_numItems].sellerReputate = true;                         // 評価済みにする
    }

    // 出品者が購入者を評価する関数
    function buyerEvaluate(uint _numItems, int _reputate) public onlyUser isStopped {
        require(items[_numItems].sellerAddr == msg.sender); // コントラクトの呼び出しが出品者か確認
        require(_numItems < numItems);                      // 存在する商品か確認
        require(_reputate >= -2 && _reputate <= 2);         // 評価は-2 ~ +2の範囲で行う
        require(!items[_numItems].buyerReputate);           // 購入者の評価が完了をしていないことを確認

        accounts[items[_numItems].buyerAddr].numTransactions++;        // 購入者の取引回数の加算
        accounts[items[_numItems].buyerAddr].reputations += _reputate; // 購入者の評価の更新
        items[_numItems].buyerReputate = true;                         // 評価済みにする
    }

    // 出品を取り消す関数(出品者)
    function sellerStop(uint _numItems) public onlyUser isStopped {
        require(items[_numItems].sellerAddr == msg.sender); // コントラクトの呼び出しが出品者か確認
        require(_numItems < numItems);                      // 存在する商品か確認
        require(!items[_numItems].stopSell);                // 出品中の商品か確認
        require(!items[_numItems].payment);                 // 購入されていない商品か確認

        items[_numItems].stopSell = true; // 出品の取消し
    }

    // 出品を取り消す関数(オーナー)
    function ownerStop(uint _numItems) public onlyOwner isStopped {
        require(items[_numItems].sellerAddr == msg.sender); // コントラクトの呼び出しが出品者か確認
        require(_numItems < numItems);                      // 存在する商品か確認
        require(!items[_numItems].stopSell);                // 出品中の商品か確認
        require(!items[_numItems].payment);                 // 購入されていない商品か確認

        items[_numItems].stopSell = true;
    }

    // 購入者へ返金する関数
    // 商品が届かなかった時に使用する
    function ownerRefund(uint _numItems) public payable onlyOwner isStopped {
        require(_numItems < numItems);          // 存在する商品か確認
        require(items[_numItems].payment);      // 入金済み商品か確認
        require(!items[_numItems].receivement); // 出品者が代金を受取る前か確認
        require(!refundFlags[_numItems]);       // 既に返金していないか確認

        refundFlags[_numItems] = true; // 返金済みにする
        items[_numItems].buyerAddr.transfer(items[_numItems].price); // 購入者へ返金
    }

    function sellerRefund(uint _numItems) public payable onlyUser isStopped {
        require(_numItems < numItems);                      // 存在する商品か確認
        require(msg.sender == items[_numItems].sellerAddr); // コントラクトの呼び出しが出品者か確認
        require(items[_numItems].payment);                  // 入金済み商品か確認
        require(!items[_numItems].receivement);             // 出品者が代金を受取る前か確認
        require(!refundFlags[_numItems]);                   // 既に返金していないか確認

        refundFlags[_numItems] = true; // 返金済みにする
        items[_numItems].buyerAddr.transfer(items[_numItems].price); // 購入者へ返金
    }

    // コントラクトを破棄して,残金をオーナーに送る関数
    // クラッキング対策
    function kill() public onlyOwner {
        selfdestruct(owner);
    }
}

おわりに

 次はPCやスマートフォンから簡単操作できるクライアントアプリを作れる様になりたいなぁと思っています.
 以下の書籍を参考にしました.
・ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書(マイナビ出版 (2018/2/1))
・堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門(技術評論社) (2017/10/27))

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
13
Help us understand the problem. What are the problem?