Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unity3Dを拡張してIDを自動生成する

More than 5 years have passed since last update.

一度拾ったアイテムは、シーンが推移してまた元の場所に戻ってきても復活しない、というルールを作りたかった。そのためには、ゲーム内のアイテム一つ一つにユニークなIDを割り当てて、アイテムを拾うたびに、そのIDを配列に記録しなければならない。アイテムは大量にあるので、IDをいちいち個別に設定するのは面倒くさい。

というわけで、UnityEditorを拡張して、ユニークIDの自動生成機能を作ってみた。

GenerateUniqueID.cs
using UnityEditor;
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class GenerateUniqueID {
    [MenuItem("Tools/Generate Unique IDs")]
    public static void Generate() {
        foreach (var gameobj in Selection.gameObjects) {
            var script = gameobj.GetComponent<CollectionItemScript>();
            if (script) {
                script.UniqueID = script.GetInstanceID();
            }
        }
    }
}

こんな感じのスクリプトをAssets/Editorフォルダに入れてやると、UnityのメニューバーにTools/Generate Unique IDsという項目ができる。それをクリックすると、現在選択中のGameObjectのCollectionItemScriptコンポーネントにユニークなID(int型)が付与される。

今日覚えたこと

  • UnityはAssets/Editorに置いてあるスクリプトを勝手にコンパイルする。しかもそれがEditorの拡張なら、その場でリンクして機能を組み込んでくれる。
  • メニューアイテム以外にも、Inspectorやシーンビューも自分で作り替えることができる。
  • Unityの拡張性ぱねー
  • [MenuItem(...)]はAttributeというもので、クラスやメンバ、メソッドに関する付帯情報を示している。この情報は、共通中間言語(CIL)にコンパイルされてもそのまま残る。おそらくUnityは、リンクする際にこれらの付帯情報を解釈して、コードの役割を決めている。

参考にしたもの

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした