Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

作業メモ: Spring Boot on VSCode + Azure DevOPs -> Azure WebApps

Spring Bootのコードを、Azure DevOpsを使ってAzure WebAppsにCI/CDしてみました。手順は以下です。なお今回はAzure Reposでは無くGitHubを利用しました

VSCodeのインストール

Azure WebApps環境作成

  • デプロイ先のWebAppを作っておきます。Azureポータルの「リソースの作成」から、Web>Webアプリ、を選択
    image.pngimage.png

  • Webアプリを作成します。今回はSpringBootなのでランタイムはJava SE。OSはLinuxを選択。SKUはFree。(SKUとサイズの詳細はこちら
    2.png

GitHubにレポジトリ作成

  • このあたりを参考に、GitHubにレポジトリを作成します。リモートリポジトリのアドレスを控えておきます

Azure DevOpsのアカウント取得とプロジェクト作成

  • Azure DevOpsサイトの「無料で始める」からスタート 
  • Azureへのサインインを求められます。その後プロジェクトの作成画面に遷移します1.png
  • こんな感じの画面になったら、プロジェクトの作成は完了ですimage.png

Spring Boot on VSCode

(コード例)
image.png

再びhttp://localhost:8080/helloにアクセスすると以下となります
image.png

GitHubにPush

こちらの手順に従って進めました
https://iwasawa-officialweb.com/2019/08/27/%E3%80%90git%E3%80%91visual-studio-code-x-github-%E3%81%AE%E9%80%A3%E6%90%BA/

記事中の8.プッシュする、で、GitHubにレポジトリ作成の際取得したリモートリポジトリのアドレスを設定します。

こんな感じにPushされていればOKです
https://github.com/yosukearaiMS13/pcftest1
image.png

Azure DevOPs

Build pipeline作成

こちらに従って作成していきます
https://blog.nextscape.net/archives/Date/2019/06/devops-build-1

前の作業工程「Azure DevOpsのアカウント取得とプロジェクト作成」で作ったDevOpsプロジェクトにアクセスします。https://dev.azure.com/から辿れます

当該DevOpsプロジェクトの"Pipelines">"Pipelines"から、New pipelineをクリック
image.png

今回は画面下部の"Use the classic editor"のリンクを選択します
image.png
Source repositoryを選択し、先にpushしたGitHub上のレポジトリとブランチを選択します
image.png

Maven build templateを選択
image.png

以下の画面になります。Agent specificationをWSLで利用のubuntu-18.04に変更。後はそのまま。image.png

これでBuild pipelineは完成です。Save&queueをクリックして実行してみます。
image.png

以下の画面になります。StatusがSuccessになったら完了です
image.png

"Success"の箇所をクリックして画面遷移し、Buildログを確認できます
image.png

Release pipeline作成

続いてRelease pipelineを作ります。こちらを参照
https://blog.nextscape.net/ja-JP/archives/Date/2019/06/devops-build-2

New release pipelineを選択
image.png

以下の画面になります。ここからは上記記事の通り進めます
image.png

上記記事ではreleaseエラーを解消するためにBuild pipelineを修正していますが、今回はrelease pipelineの方を修正します。Package or folderを以下としました
4.png

Package or folder欄の・・・をクリックすると、artifactの構成が確認できます。こちらから対象のjarを選択してください
image.png

あと1点修正が必要なのはStartup commandです。Spring boot appの起動コマンドを以下の形で入力します
5.png
(Startup commandについては以下の記事が参考になりました)
https://qiita.com/kazuhiro1982/items/2cfe322280c045caaa37

これでRelease pipelineの作成は完了です。

WebAppにdeploy

画面上部の"Create release"をクリックしてdeployします。以下の画面が出ますので、そのまま"Create"をクリック
image.png

画面上部にリンクが表示されます。そこから確認画面に遷移します
image.png

In progress -> SucceededとなったらRelease完了です
image.png
image.png

Succeededの箇所のリンクから実行ログを確認できます
image.png

Azure App Service Deploy のところに、deploy先のApp Service Application URLが表示されます。このURL/helloにブラウザでアクセスして、ローカル実行と同じ内容が表示されたら、deploy成功です
image.png

image.png

Spring BootのコードをAzure DevOpsを使ってWebAppsにCI/CDした手順は以上となります。お疲れ様でした

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away