Posted at

たったの1時間!エクセルの顧客リストをkintoneに自動登録 featuring DataSpider

More than 3 years have passed since last update.

ノンプログラミングでデータを繋ぐことができるDataSpider ServistaのV4が先週(2月24日)リリースされました。

大きな更新としてはAWSとの連携強化があります。

が、kintoneアダプタもいくつか機能追加されており、その中でも目玉機能がUpsertです。

Upsertはかなりの優れもので、データがなければ登録(Insert)、データがあれば更新(Update)するという機能です。

これは試してみるっきゃない!ということで、エクセルの顧客リストをkintoneに自動登録する仕組みを構築してみました。

abstract1.jpg

今回もまずは結果から~


結果

結論としては1時間ほどでばっちり構築することができました。(DataSpiderのインストール時間、kintoneの環境取得時間は除く)

ノンプログラミングを売りにしているだけのことはありますね。

※DataSpiderやkintoneを初めて利用する方はもう少し時間が必要になると思います。


動作前の状況

最初、kintoneのデータは何もない状態です。

kintone1.jpg

ファイル「顧客一覧.xlsx」を保存して15分ほど休憩します。

顧客一覧.xlsxの内容はこんな感じ。

excel1.jpg


1回目の動作

あらま!蜜柑を食べている間にkintoneにデータが登録されていました。

kintone2.jpg

そして・・・

つ、ついにUpsert機能を確認する瞬間がやってきました。

顧客一覧.xlsxの内容を変更します。変更点は以下の通りです。


  • △△株式会社の佐藤さんが結婚して大阪府から北海道に引っ越しました。寒そうですね。

  • □□株式会社の人事部、佐々木さんの行が増えました。
    excel2.jpg

さて、準備は万端なので15分ほど休憩します。


2回目の動作(差分)

なんとまあ!コーヒーをハンドドリップしている間にデータが更新されています!

佐藤さんのデータはUpdateされ、佐々木さんのデータはInsertされました!

kintone3.jpg

ここからはそれぞれの設定をご紹介~


kintoneの設定


フォーム設定

DataSpiderでフィールドコードを見ながら設定する箇所があるのでフィールドコードも分かりやすいものに変えておくと便利です。

フィールド名
フィールドタイプ
フィールドコード

会社名
文字列(1行)
会社名

部署名
文字列(1行)
部署名

担当者名
文字列(1行)
担当者名

郵便番号
文字列(1行)
郵便番号

住所
文字列(1行)
住所

TEL
リンク
TEL

FAX
文字列(1行)
FAX

メールアドレス
リンク
メールアドレス


DataSpiderの設定


フロー

各パーツをドラッグ&ドロップで配置することでデータを処理できます。

DataSpider1.jpg

今回のフローは以下の通りです。

1. エクセルの内容を読み込み

2. エクセルの列とkintoneのフォームを紐付け

3. kintoneに登録

4. 2と3をデータ件数分繰り返す


各パーツの設定


excel_sheet(エクセルの読み込み)

読み込むエクセルとシートを指定します。

DataSpider2.jpg

DataSpiderをデフォルトでインストールした場合、「/data/kintone連携/」は「C:/Program Files/DataSpiderServista/server/data/kintone連携/」を指します。

読み込むエクセルの行を指定します。

DataSpider3.jpg

1行目は項目名なので除外します。

DataSpider4.jpg


foreach(繰り返し)

DataSpider5.jpg


mapping(エクセルの列とkintoneのフォームを紐付け)

これもドラッグ&ドロップで左の項目と右の項目を繋げるだけです。

DataSpider6.jpg


kintone_register(kintoneに登録)

キーの値と一致するレコードは更新にチェックを入れて、キーを指定します。

今回の場合は会社名、部署名、担当者名をキーにしました。複数項目指定できるのがありがたいです。

DataSpider7.jpg


トリガー

これだけではエクセル更新時に自動反映されないので、トリガーを設定します。

顧客リストは頻繁に更新するものではないので監視間隔は3600(1時間)とかでもいいですね。

DataSpider8.jpg


参考

参考までに今回の構成で1000件のデータ登録、更新にどれだけ時間がかかるか試してみました。



  • 1000件の登録にかかった時間


    • 1回目  :392秒

    • 2回目  :386秒

    • 3回目  :388秒

    • 3回の平均:389秒




  • 1000件の更新にかかった時間


    • 1回目  :601秒

    • 2回目  :598秒

    • 3回目  :586秒

    • 3回の平均:592秒




まとめ

今回はDataSpiderを使ってエクセルとkintoneを連携させてみました。

開発時間を大きく短縮できて、PG知識がなくても連携させられるところがDataSpiderのメリットですね。

メールやAWSとも繋げられるDataSpiderのお試しはこちら

kintoneにも1年間無料で使える開発者環境がありますよ。興味がある方はこちらからどうぞ。