googleio
Chromebook
VSCode
VisualStudioCode
Pixelbook

ChromebookでVSCodeをネイティブに動かせるようになったので試した #Chromebook #io18jp #VSCode #gdgtokyo

I/O extendedのスライド

Screenshot 2018-05-19 at 11.51.59.png


前提

ChromebookはChrome専用機としては大変優秀1である.

しかしPCの一般的なソフトウェアはなかなか動かせない2のがネックではあった.

 

そこで黒画面など手を加えることでLinuxを導入3し,Linuxアプリケーションを利用することは可能であった.

ところがそれには開発者モード4の適用が必要であり,セキュリティのメリットが損なわれるものであった.

 


変更点

開発者モードなしでLinuxが動かせるようになった(Debian 9.4).

ただし18/05/10現在,対応はPixelbookのみである.

持っていない場合は購入5すること.


手法

まずはLinuxをインストールする.

︙ > Help > About Chrome OSを選ぶ.

Screenshot 2018-05-09 at 23.16.55.png

Detailed build informationを押下.

Screenshot 2018-05-09 at 23.17.07.png

CHANGE CHANNELを押下.

Screenshot 2018-05-09 at 23.17.32.png

Developer - unstable を選択(18/05/10現在ではDev版でしかLinux対応していない),CHANGE CHANNELを押下.

Dev版ダウンロード終了後に再起動.

︙ > Settingsの検索窓より"linux"と検索.

Screenshot 2018-05-09 at 23.26.57.png

Turn on, Installを押下.

以上でLinuxのインストールは終了.

VSCodeをインストールしていく.

 

アプリ一覧よりTerminalをクリック(これで既にLinux内でコマンドを叩ける状態).

sudo apt-get update

curl -L https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=760868 > code.deb
sudo apt-get install ./code.deb

追記(18/06/20):libxss1やlibasound2のinstallは不要になったようである.

あとはアプリ一覧にVSCodeが表示されているはずなので,クリックするだけである.

実用上の注意は別記事で紹介.


第一印象

(18/05/10時点,今後改善する可能性あり)



  • VSCodeが起動しない場合がある.OSを再起動すると改善する →18/06/20時点で問題なし

  • Chromebookで有用なアプリ切り替えショートカットのAlt + 数字キーが効かない

  • シェルフ(ChromeOSのタスクバー)にピン留めしても消えることがある

  • 解像度周りが反映されない場合がある





  1. 低コストながらもパフォーマンスやセキュリティレベルは比較的高く,管理も容易であり,操作性も良い. 



  2. CrossOverというAndroidアプリ経由でWindowsのソフトウェアを実行することは可能ではあったが,対応ソフトが少ない,あるいはバージョンが古いなどで,常用には困難を伴うものであった. 



  3. 非公式なプロジェクトとしてcroutonやgallium OSなどがある. 



  4. Androidで言うroot化のようなものである.つまりセキュリティを犠牲に自由を手に入れる類. 



  5. 高い.