DDD
ドメイン駆動設計

ちょっとずつ読むドメイン駆動設計 第三部 より深い洞察へ向かうリファクタリング 第十章 しなやかな設計7 閉じた操作

これまでの第十章

閉じた操作

前回の独立したクラスに続き、値オブジェクトのパターンです。

閉じた操作とは、引数と戻り値を同じ型にする、更にその型はその実装クラスと同じ型である操作を「閉じた操作」といいます。

その操作はすべてその型で簡潔しているので、クラス間の依存関係に関わらず変更に強い、操作が解釈しやすいコードになります。

値オブジェクトを設計する際には、閉じた操作にできないかを気にしながら設計するとよいですね。

まとめ

7個のパターンを読んできました。

正直あまり、意識していなかったパターン、テストの書き方、値オブジェクトの設計パターンがありました。

ソフトウェアを明白で、予測可能で、伝達力のあるものにすると、抽象化とカプセル化による効力が発揮される。(第三部第十章より)

基本的なオブジェクト指向の原則ですが、それをドメイン駆動設計と組み合わせて考えることで、より深い洞察へと向かうことができることがわかりました。

明日はしなやかな設計を行う上で、これらのテクニックの組み合わせる方法について読んでいきます。