Help us understand the problem. What is going on with this article?

ちょっとずつ読むドメイン駆動設計 第四部 戦略的設計 第十五章 蒸留2 コアドメインのHowとWho

More than 1 year has passed since last update.

前回までの第十五章

コアドメイン

コアドメインをどのように蒸留するか

1つは、設計の一部を競合との優位性を保つため、秘密にする必要があるとき、そこがコアドメインになる。というところは単純に選択できるところでしょう。

もう一つは、視点によって決まる。
例えば、汎用的な金銭に関するモデルは多くのアプリで必要になるかと思いますが、こちらはサブドメイン。一方為替に関するアプリなどでは、もっと複雑な金銭に関するモデルが必要になり、こちらはコアドメインになるでしょう。汎用的な金銭モデルと特化したドメインを分離してコアドメインを構成することになるでしょう。

このようにアプリが解決するビジネスのコンテキストによって選択するコアドメインは異なりますし、すぐにわからないかもしれません。
途中で、コアドメインだと思って実装していたモデルが実はそうではなかったということも。

コアドメインの識別はイテレーションを通じて進化させる必要があるということですね。

だれがコアドメインを実装するか

いうまでもなく、最も優秀なメンバーがコアドメインに当たるべき。
ただ、技術的に卓越したメンバーは大体技術的に大変なところに当たりたがるのが世の常。たとえば、インフラストラクチャ層の新しい技術とか。。。また、最も優秀なメンバーがドメインについての多くの知識がない場合、さらにコアドメインから離れていき、悪循環になりがち。

この悪循環を断ち切ることが大事です。
ドメインに関心がある優秀な技術者を集め、ドメインエキスパートが参加するチームを収集すること。

また、外部の専門家は当然呼ばない。ビジネス上最重要な箇所だからですね。
さらに同じ理由で、コアドメインを購入したり、制約のあるフレームワークを使うというのもなしですね。

今後さらに、蒸留のテクニックを読んでいきます。ドメインビジョン声明文、強調されたコア、凝集されたメカニズムなどなど。。。

zozotech
70億人のファッションを技術の力で変えていく
https://tech.zozo.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした