Posted at

コマンドプロンプトでよく使うコマンド

More than 1 year has passed since last update.


よく使うコマンド

windowsのファイル操作のコマンドについてまとめます。


エクスプローラーを開く

start .


フォルダの作成

mkdir aaa\bbb\ccc


空ファイルの作成

copy nul a.txt


ファイルのコピー

copy a.txt b.txt


名前の変更

move a.txt b.txt


ファイルの削除

del b.txt


ファイルの移動

move a.txt aaa


ファイルの結合

copy *.txt a.txt

copyコマンドは、複数のファイルを一つのファイルにすることができます。この場合は、拡張子txtのファイルを、a.txtに出力します。


ファイル一覧の作成

dir /b/a-d/s

dirに引数を指定すると、フォルダ内のファイル一覧をフルパスで取得できます。


結果をファイルに保存する ( 上書き )

dir /b/a-d/s > a.txt

「> 」が、出力の記号で、「a.txt」がファイル名になります。


結果をファイルに保存する ( 追記 )

dir /b/a-d/s >> a.txt

「>> 」が、上書きの記号で、「a.txt」がファイル名になります。