Hello Laravel 5! しようとしたら一瞬つまづいた時の対応

  • 18
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

作業

http://laravel.com/docs/5.1/installation
をチラ見しながら、Laravel 5 をセットアップ。
composer global でゲシゲシやったのは省略。
で、サンドボックス用のアプリケーションを作成してみた。

laravel new laravel-sandbox
cd larabel-sandbox
php artisan serve

として、ローカルで立ち上げてアクセスすると、

Whoops, looks like something went wrong.

とか出てきてつらい。

原因は、ちゃんとインストールドキュメント読んでなかったからで、以下にちゃんと書いてあった。

To make this a cinch, Laravel utilizes the DotEnv PHP library by Vance Lucas.
In a fresh Laravel installation, the root directory of your application will contain a .env.example file.
If you install Laravel via Composer, this file will automatically be renamed to .env. Otherwise, you should rename the file manually.

なので、


cp -p .env.example .env
php artisan key:generate

を実行して解決。

結論

いけるやろと思ってもちゃんとドキュメント読め。