Posted at

[CS入門] #講義03 東工大テーマ(計算を知る):データは数(データの原子に当たるものとは)


やること

コンピュータサイエンス入門 #講義03 東工テーマ1(計算を知る):データは数(データの原子に当たるものとは)


1.データは数である

「データ」 = 計算の対象

コンピュータの中ではすべての情報が二進列(0と1の列)で表される。



  • 文字

  • 画像


  • 映像


例で考える

【数】

18 ← 00010010

【文字】

A ← 01100001(=97)

B ← 01100010(=98)

C ← …

ASCIIという符号法

【画像】

「デジタル化とは、(画像に)方眼紙をあてることである」


  • 画像を拡大し、方眼紙を当てると、色の違うマス(ピクセル)が見えてくる。

  • 画素1つあたりを「ピクセル」と呼ぶ(30 × 30 = 900ピクセル)PCでは1280 × 800など。

RGBの発光の粒

[強さの度合い]

R:0 〜 255

G:0 〜 255

B:0 〜 255

【音】


  • 音は「空気密度」の波である。波が伝わっていくのが音。

  • 空気密度を時間で区切り、時刻ごとの波の強さを数で表す。

  • 例:デジタルサウンドでは、
    1/44100秒刻み(つまり44.1kHz)で、音の量子化をする(秒にする)のが標準的。