JavaScript

「プリミティブ型/オブジェクト型」データ型の意味を知る (JavaScriptコードレシピ)


0. 前提

「JavaScriptコードレシピ集(技術評論社)」の下記を参照、データ型についてまとめました。


Chap4 データについて深く知る



  • 074 データの型について知りたい

  • 076 データの型を調べたい




1. データの型について知る

データ型
意味

プリミティブ型(基本型)
データそのもの

オブジェクト型(複合型)
データを参照するデータ


JavaScriptで取り扱う数値、文字列、真偽値、オブジェクトといった値はすべて「型」(データ型)という区切りで分けられます。その違いは、「データそのもの」か「データを参照するデータ」かです。プリミティブ型(基本型)は、数値、文字列などの「データそのもの」です。プリミティブ型はさらに6種類に分類されます。

(「JavaScriptコードレシピ集」P.174)



1.1 プリミティブ型

プリミティブ型
意味
データの例

Boolean
真偽値の型
true,false

String
文字列の型
'鈴木'、'田中'

Number
数値の型
1,30

Undefined
値が未定であることを示す型
undefined

Null
値が存在しないことを示す型
null

Symbal
シンボルの型
Symbol()


// データ100を「参照」
const num = 100;


// データ'鈴木'を「参照」
const str = '鈴木';


1.2 オブジェクト型

オブジェクト型
意味
データの例

Object
オブジェクトの型
プリミティブ型以外のすべて(Array、Object、Data等)

// [配列]

// データ1,2,3を参照するデータ
const arr = [1, 2, 3];


// [連想配列]
// キーageでデータ18を、キーnameでデータ'鈴木'を参照するデータ
const obj = {
age: 18,
name: '鈴木'
};


// [配列]
// 3つのオブジェクト(Object)を参照するデータ
// 各オブジェクトはさらに数値や文字列データを参照
const arr = [
{id: 10, name:'鈴木'},
{id: 20, name:'田中'},
{id: 30, name:'田中'}
]


2. データの型を調べる


Syntax


typeof //値のデータ型を調べる

データ型
typeofの結果
データの例

Undefined
undefined
undefined

Null
object
null

Boolean
boolean
true,false

String
string
'松本','浜田'

Symbol
symbol
Symbol()

Number
number
1,10,20

Object(関数を除く)
object
[1,2,3],{id:10,name:’浜田’}

関数
function
function(){},class MyClass{}


2.1 データ型の出力(console.log(typeof 値))


console.log(typeof true); // 'boolean'

console.log(typeof 10); // 'number'

console.log(typeof '鈴木'); // 'string'

console.log(typeof null); // 'object'

console.log(typeof undefined); // 'undefined'

console.log(typeof Symbol()) // 'Symbol'

console.log(typeof [1,2,3]); // 'object'

console.log(typeof {id: 10, name:'田中'}); // 'object'

console.log(
 typeof function() {
console.log('test');
}
); // 'function'

console.log(typeof class MyClass {}); // 'function'