Edited at

新しくなるAppleの定期購読 - Introducing Expanded Subscriptions in iTunes Connect

More than 3 years have passed since last update.


概要

WWDC 2016の Introducing Expanded Subscriptions in iTunes Connect のまとめ。

新しくなる課金の仕組みについての話。技術的な実装の話ではなく、定期購読の仕様変更について。

※記事内の図は Introducing Expanded Subscriptions in iTunes Connect から引用。


動画

Introducing Expanded Subscriptions in iTunes Connect

動画ファイルをダウンロードしたり、プレゼンのPDFもダウンロードできる。


セッションの内容


In-App Purchaseとは何か

タイプ

Consumable (消耗型)
LINEのコイン、 AngryBirdなどゲームの消耗型アイテム

Non-consumable (非消耗型)
クロッシーロードのアバター

Non-renewable subscriptions (非自動更新購読)
非ゲームアプリの機能解放などのプレミアムサービス
Quizletのプレミアムサービス1年14.99ドル

Auto-renewalbe subscriptions (自動更新購読)
雑誌やテレビ局アプリの定期購読。HBO Nowの動画サービス1月14.99ドル

Free subscriptions (無料定期購読)
Newsstand向け


Free subscriptions

2016年秋から非推奨になる。

すでに使っている人は継続して販売できるが、新しくFree subscriptionは使えない。


Auto-renewable subscriptions


収益

開発者の収入が売上の70%→85%に変更。ただし、アプリリリース後1年以降。

すでに1年以上自動継続課金を続けているアプリであれば、今週から売上の85%受け取れる。


カテゴリー

現在、Auto-renewable Subscriptionで提供できるの商品は、雑誌やビデオなど定期的にコンテンツが更新されるようなサービスに限定されている。

2016年秋から、このようなカテゴリー制限はなくなる


定期購読管理

AppStoreアプリの管理ページで表示されるいくつかの内容をiTunes Connectでカスタマイズできる。

- アプリアイコン (App Icon)

- アプリ名 (App Name)

- 定期購読グループ名 (Subscription Group Name)

- 商品名 (In-App Purchase Name)

- 購読期間 (Duration)

スクリーンショット 2016-06-20 0.52.18.png


定期購読グループ


現在 (例)

レベル
期間

定期購読
1週間 / 1ヶ月 / 1年


2016年秋〜 (例)

レベル
期間

プラチナ
1週間 / 1ヶ月

ゴールド
1週間 / 1ヶ月

シルバー
1週間 / 1ヶ月

開発者は上記のように定期購読グループに複数の商品を内包することができる。

ユーザーは一度定期購読した商品について同じ定期購読グループ内であれば、自由に変更することができる。

スクリーンショット 2016-06-20 0.56.24.png


Territory Pricing


現在

すべての国に対して、同じTierしか選択できない。


2016年秋〜

国ごとに自由にTierを変更できる。

スクリーンショット 2016-06-20 1.00.42.png


カスタマーリテンション


現在

Appleから値上げを通知するメールが送信される。

ユーザーはAppStoreに行き、自分で定期購読を続ける操作をしなくてはいけない。


2016年秋〜

値上げの通知はメールだけでなく、AppStoreアプリへのPUSH通知で連絡することができる。

既に購入しているユーザーに対しても値上げするかどうかは選択できる。

240円に値上げするが、アーリーアダプターには120円のまま提供することができる。

(珍しくスライドに日本が取り上げられている)

スクリーンショット 2016-06-20 1.05.49.png


まとめ

2016年秋から

- Free subscriptionsが非推奨になる。

- Auto-renewable subscriptionsの収益が、アプリリリース1年後から70→85%になる。

- すでにリリース後1年の開発者には今週から。

- Auto-renewable subscription を販売できるカテゴリの制限がなくなる

- 国ごとに自由な価格設定ができる。

- 値上げの方法が柔軟になる。

より詳しい情報はセッションの動画を見てみてください。新しくなるiTunes Connectのデモも見れます。


リンク