[React.js]Ruby on Rails上でモダンなフロント環境構築


はじめに

React公式チュートリアルに挑戦するべく、Railsサーバ上でReactを動作させる環境を構築していこうと思います!

Rails5.1からwebpackerやnpm,yarnなどに対応したため、それらを利用してReactを使えるようにします。


目次


  • 1. yarnをインストールする

  • 2. Railsプロジェクトを作成する

  • 3. Gemfileの編集

  • 4. webpack,reactをインストールする

  • 5. 動作確認


前提環境


  • cloud9 (amazon linux)

  • Ruby 2.6

  • Rails 5.1

  • node 10.16


実践


1. yarnをインストールする

初めにyarnをインストールしておきます。

$ npm install -g yarn


2. Railsプロジェクトを作成する

おなじみrails newしていきます。

ついでにディレクトリも作成したプロジェクトに変更しておきます。

$ rails new webpack_test --skip-turbolinks && cd webpack_test

turbolinksはJavascriptにおいて不具合の原因になりかねないので使用しません。


3. Gemfileの編集

webpacker gemをインストールするため、作成したプロジェクトフォルダ内のGemfileを編集します

~省略~

gem "webpacker"

Gemfileを保存してからbundle installしてください。


4. webpack,reactをインストールする

webpackとreactをそれぞれインストールしていきます。

$ rails webpacker:install

$ rails webpacker:install:react

そして最後に

HTMLヘッダーを以下のように編集します

javascript_include_tagjavascript_pack_tag

javascriptを呼び出すときwebpackerのヘルパータグで<%=javascript_pack_tag'FILE_NAME'%>と記述します。


app/views/layouts/application.html.erb

<%= javascript_pack_tag 'application' %>



5. 実際に動作させてみよう!

正常にインストールできていれば

app/javascript/hello_react.jsxが作成されていると思います。

reactはjsx内で動作しているので、jsxファイルを呼び出すことでreactを動かします。

試しに、hello_react.jsxを表示させていこうと思います。

まずcontrollerとviewを作成しrouteを割り当てます。

rails g controller react_app index


config/routes.rb

Rails.application.routes.draw do

get 'react_app/index'
end

作成したviewでjsxファイルを呼び出します。


view/react_app/index

<%=javascript_pack_tag 'hello_react'%>


rails サーバを起動して、正常に表示されるか確認します。

rails s

react_app/indexへ接続しHello React!と表示されていればReactの導入は完了です。

キャプチャ.PNG


6. Reactチュートリアルへの準備

公式Reactチュートリアル

まず、チュートリアル用に新しくjsxファイルを作っていきましょう。

app/javascript/pack/tutorial.jsxを作成しておきます。

tutorial.jsx内にreactをimportします。


tutorial.jsx

import React from "react"

import ReactDOM from "react-dom"
//ここから下の行にチュートリアルの内容を記述していく

実際にチュートリアルのスターターコードをtutorial.jsxに記述して動作を確かめてみます。


tutorial.jsx

import React from "react"

import ReactDOM from "react-dom"

class Square extends React.Component {
render() {
return (
<button className="square">
{/* TODO */}
</button>
);
}
}

class Board extends React.Component {
renderSquare(i) {
return <Square />;
}

render() {
const status = 'Next player: X';

return (
<div>
<div className="status">{status}</div>
<div className="board-row">
{this.renderSquare(0)}
{this.renderSquare(1)}
{this.renderSquare(2)}
</div>
<div className="board-row">
{this.renderSquare(3)}
{this.renderSquare(4)}
{this.renderSquare(5)}
</div>
<div className="board-row">
{this.renderSquare(6)}
{this.renderSquare(7)}
{this.renderSquare(8)}
</div>
</div>
);
}
}

class Game extends React.Component {
render() {
return (
<div className="game">
<div className="game-board">
<Board />
</div>
<div className="game-info">
<div>{/* status */}</div>
<ol>{/* TODO */}</ol>
</div>
</div>
);
}
}

// ========================================

ReactDOM.render(
<Game />,
document.getElementById('root')
);


rails sを実行し、react_app/indexにアクセスしてみます。

この画面になっていればreactは正常に動作しています。

キャプチャ.PNG

このままでは、デザインがおかしいのでスターターコードのcssを適応していきます。


app/assets/stylesheets/react_app.scss

body {

font: 14px "Century Gothic", Futura, sans-serif;
margin: 20px;
}

ol, ul {
padding-left: 30px;
}

.board-row:after {
clear: both;
content: "";
display: table;
}

.status {
margin-bottom: 10px;
}

.square {
background: #fff;
border: 1px solid #999;
float: left;
font-size: 24px;
font-weight: bold;
line-height: 34px;
height: 34px;
margin-right: -1px;
margin-top: -1px;
padding: 0;
text-align: center;
width: 34px;
}

.square:focus {
outline: none;
}

.kbd-navigation .square:focus {
background: #ddd;
}

.game {
display: flex;
flex-direction: row;
}

.game-info {
margin-left: 20px;
}


もう一度rails sを実行しreact_app/indexに接続すると

このような画面になっていればチュートリアルの準備は完了です。

キャプチャ.PNG


あとがき

記事を書く経験が初めてでしたが、思ったより大変でした...。

分かりにくい箇所、至らない箇所があれば修正します。