Help us understand the problem. What is going on with this article?

PHP のサポート期間について(バージョンごとの一覧表あり)

※ 2020.05.20 バージョン7.4 について追加しました。

アクティブサポートは2年、セキュリティサポートは1年が基本

PHP は最初の安定リリースから2年間、フルサポートが行われます。
この間、報告されるバグやセキュリティの問題は順次修正され、「定期的に」リリースされていきます。
この2年間のサポートのことを「アクティブサポート」と呼んでいます。

アクティブサポートの2年間の後、
重要なセキュリティで問題が生じた時の解決のため、1年間のサポートが行われます。
このサポートを「セキュリティサポート」と呼んでいます。
セキュリティサポートのリリースは、必要に応じて行われます(つまり不定期です)。

こうして、トータルで3年間のサポートが完了すると、バージョンの寿命は終了します(サポートは行われなくなります)。
バージョン7になってからは、このスケジュールは忠実に守られています。

バージョンごとの一覧表

バージョン 初回リリース日 アクティブサポート セキュリティサポート
5.3 2009/06/30 - 2014/08/14
5.4 2012/03/01 - 2015/09/03
5.5 2013/06/20 - 2016/07/10
5.6 2014/08/28 2017/01/19 2018/12/31
7.0 2015/12/03 2017/12/03 2018/12/03
7.1 2016/12/01 2018.12/01 2019.12/01
7.2 2017/11/30 2019.11/30 2020.11/30
7.3 2018/12/06 2020/12/06 2021/12/06
7.4 2019/11/28 2021/11/28 2022/11/28

※ 5.3 ~ 5.5 までは Wikipedia から作成
※ 5.6 以降は、PHP マニュアル Supported Versions http://php.net/supported-versions.php から作成

※ 5系はサポート期間が一定ではありませんでした。
※ 7系になってからは、3年のサポートスケジュールが忠実に守られています。

日本のレンタルサーバの状況

2017年2月 、エックスサーバーは業界の中でもいち早く、PHP の推奨バージョンを、5.6 から 7.0 に切り替えました。

みなさんのところでは、移行は進んでいるでしょうか。

バージョン5系は、アクティブサポート、セキュリティサポートとも、2018/12/31 に既に終わっています

7.0でさえ、2018/12/08 に終了しています。5系より早かったところに注目してください。前述の一覧表のとおり、5系のサポートはマイナーバージョンごとに異なっており、今となってはそのスタンスは例外です。

レンタルサーバの業界では、2017年から7系への移行を始めていました。
それは、7系が5系と比較して、単純に速度が約2.5倍~3倍にあがり、バージョンアップするだけで、パフォーマンスが大幅に向上したからです。

サービスを提供する側としては、率先して7系にバージョンアップを進めていった、という状況でした。
もちろん、今でも5系を残しているサーバはあります。
主として移行のため、と考えられますが、後述する WordPress がそうなのですが、そろそろ時間切れが迫っているようです。

バージョン5系のリスク

5系はライブラリが古くなり、サポートが受けられないケースが増えています。
オープンソースも速度とセキュリティの向上が見込める7系へ移行しています。

2019年5月22日、WordPress はバージョン 5.2.1 をリリースしました。
このバージョンには、PHP 5.3.x からは、アップグレードすることができません。

WordPress で5系を使い続けるのは、リスクが増える一方です。
人気のあるオープンソースだけに、年々、攻撃手法が高度になっているからです。
※ WordPress は適切な設定をすれば十分なセキュリティ機能を発揮します。
7系でバージョンアップすれば、セキュリティを強化できるプラグイン(Site Guard)を簡単に導入できるようになります。
セキュリティロックや、ログイン画面のURLの変更、画像認証などが簡単に行えるようになります。
※ SiteGuard はレンタルサーバで WordPress の「自動インストール」サービスを利用すると、必ずといっていいほど、バンドルされるプラグインです。

関連記事

最後に

7系になってから、サポート期間が3年と決まり、実際、月日まで正確にスケジューリングされています。
インフラ管理者には保守管理の計画が立てやすくなった、と言えるのではないでしょうか。
PHP8 は、さらにレベルの異なる高速化(JIT対応)が予定されています。

パフォーマンスとセキュリティの向上を常に目指して、PHPのコミュニティは活発に働いています。
バージョンアップを負担と考えず、インフラ管理者と Phpe には常に上を目指していってもらいたいと思います。

Web_akira
好きな言語は PHP。jQuery との組み合わせでご飯を食べてきましたが、2019年から Vue.js も使い出しました。好きなフレームワークは、Laravel, Slim、Twitter Bootstrap4、Materialize。デザインを少しかじっています。WordPress で独自テーマを作ったり、デザイナーさんと連携してお仕事をします。人の役に立つものを作りたいと思っています。
https://web-atelier-midori.com/blog/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした