Posted at

データを取得するFetchオブジェクトの使い方

SAS ViyaはAIプラットフォームです。PythonやJava、Rなどの言語を通して利用できます。そのSAS Viyaの中で使われているのがCASTableというテーブルオブジェクトです(CASはCloud Analytic Servicesの略です)。CASTableからデータを取得する方法は幾つかありますが、今回はFetchオブジェクトを使う方法について紹介します。


SAS Viyaに接続する

まずはSAS Viyaに接続します。

from swat import *

cashost='localhost'
casport=5570
useremail='dev@sas.com'
userpassword='password'
casauth='~/.authinfo'
conn = CAS(cashost, casport, useremail, userpassword, caslib="casuser")


データをアップロードする

CSVファイルのデータをアップロードします。今回は有名なIRISのデータです。

out = conn.upload('./iris.csv')


Fetchオブジェクトを取得する

Fetchオブジェクトをconnから取得します。

fa = conn.Fetch()


Fetchを実行する

Fetchは例えば次のように使います。nameがテーブル名、toは件数です。

fa(table=dict(name='IRIS', caslib='casuser'), to=5)

§ Fetch



Selected Rows from Table IRIS



SepalLength
SepalWidth
PetalLength
PetalWidth
Name




0
5.1
3.5
1.4
0.2
Iris-setosa


1
4.9
3.0
1.4
0.2
Iris-setosa


2
4.7
3.2
1.3
0.2
Iris-setosa


3
4.6
3.1
1.5
0.2
Iris-setosa


4
5.0
3.6
1.4
0.2
Iris-setosa






elapsed 0.00276s · user 0.002s · sys 0.001s · mem 0.865MB


ソートを指定する

並び替えを実行します。sortbyを指定します。

fa(table=dict(name='IRIS', caslib='casuser'), to=5, sortby=['SepalLength', 'SepalWidth'])

§ Fetch



Selected Rows from Table IRIS



SepalLength
SepalWidth
PetalLength
PetalWidth
Name




0
4.3
3.0
1.1
0.1
Iris-setosa


1
4.4
2.9
1.4
0.2
Iris-setosa


2
4.4
3.0
1.3
0.2
Iris-setosa


3
4.4
3.2
1.3
0.2
Iris-setosa


4
4.5
2.3
1.3
0.3
Iris-setosa






elapsed 0.00236s · user 0.002s · mem 2.81MB


パラメータを記録する

set_params を使うとパラメータを保存しておけます。

fa.set_params('table', dict(name='IRIS', caslib='casuser'), 'to', 5)

このようにすると、faの内容が固定になります。繰り返し使う時に便利です。

fa

# ?.table.Fetch(table=dict(caslib='casuser', name='IRIS'), to=5)

そして、保存しておけば呼び出す際にパラメータ指定も不要になります。

fa()

§ Fetch



Selected Rows from Table IRIS



SepalLength
SepalWidth
PetalLength
PetalWidth
Name




0
5.1
3.5
1.4
0.2
Iris-setosa


1
4.9
3.0
1.4
0.2
Iris-setosa


2
4.7
3.2
1.3
0.2
Iris-setosa


3
4.6
3.1
1.5
0.2
Iris-setosa


4
5.0
3.6
1.4
0.2
Iris-setosa






elapsed 0.00194s · user 0.001s · sys 0.001s · mem 0.865MB


まとめ

Fetchの簡単な使い方を紹介しました。直感的に使えるようになっていますので、すぐに使いこなせるはずです。データ分析の際にお役立てください。