api
SAS
機械学習
AI

SAS Viyaで用意されている開発者向けリソースについて

SAS ViyaはAIプラットフォームになります。Webブラウザ上で機械学習の設計、実行ができるStudioという環境も用意されていますが、開発者はプログラミングコードで開発することも可能です。

具体的には以下の環境が用意されています。


REST

REST APIです。ドキュメントはこちらにあります。カテゴリは以下に分かれています。


  • Visualization

  • Compute

  • Text Analytics

  • Data Management

  • Decision Management

  • Core Services


Python

基本的にREST APIをラッピングしたPythonライブラリです。ソースコードはsassoftware/python-swatにて公開しています。swatというのはSAS Scripting Wrapper for Analytics Transferの略称になります。


R

Python同様にR言語用ライブラリもあります。R言語でのはじめ方はSAS® Help Center: Getting Started with SAS Viya 3.3 for Rを参照してください。


Lua

同様にLuaです。LuaにもR言語同様にGetting Startedを用意しています


Java

Java用のライブラリです。APIリファレンスはOverview (cas-client 3.2.9 API)になります。


Mobile SDK | SAS

現在はiOS向けにSDKを提供しています。アプリからSAS Viyaのサーバにアクセスできます。Android向けも間もなく登場予定です。


SAS

もちろんSAS言語からもアクセスできます。SAS言語からの利用方法はGetting Startedを参照してください。


SAS Viyaは皆さんの好きな言語、システム構成に合わせて利用できます。ぜひご利用ください!

SAS for Developers | SAS