casTableに任意のカラムを追加する

SAS ViyaはAIプラットフォームになります。Webブラウザ上で機械学習の設計、実行ができるStudioという環境も用意されていますが、開発者はプログラミングコードで開発することも可能です。プログラミング言語はJava/Python/R/SASが選べます。

機械学習を用いる際に専用のテーブル(casTable)を用いますが、今回はそのテーブルオブジェクト(Python版)で任意のカラムを追加する方法を紹介します。


テーブルの作り方

テーブルはCSV、HTML、他のデータベースなどから作れます。

out = sess.upload('Jupyter_Saved_Work/Data/iris.csv')

ファイルをアップロードした後、casTableとして取得します。

tbl = out.casTable


カラムの追加方法

例えばカラム同士の計算結果を追加したい、レポート用に特定の文字列を出したいなど、様々な用途が考えられます。これは tbl にキーを追加するだけです。例えば以下は文字列として指定しているので、同じ文字が表示されます。

tbl['newColumn'] = 'SepalLength * 2'

計算を伴う場合は以下のようにtblを使います。

tbl['newColumn2'] = tbl.SepalLength * 2


情報を確認する

これでテーブルを見るとカラムが追加されているのが分かります。

tbl.head()

SepalLength
SepalWidth
PetalLength
PetalWidth
Name
newColumn
newColumn2

0
5.1
3.5
1.4
0.2
Iris-setosa
SepalLength * 2

1
4.9
3.0
1.4
0.2
Iris-setosa
SepalLength * 2

2
4.7
3.2
1.3
0.2
Iris-setosa
SepalLength * 2

3
4.6
3.1
1.5
0.2
Iris-setosa
SepalLength * 2

4
5.0
3.6
1.4
0.2
Iris-setosa
SepalLength * 2


テーブル拡張がPythonのコードで書けるのでとても簡単に使えるでしょう。ぜひご利用ください。

SAS for Developers | SAS