Edited at

[iOS]Revealで快適なGUIデバッグ

More than 5 years have passed since last update.


Revealってなに?

iOS用のRuntime inspector。

要はSafariのWeb Inspectorのアプリ版のようなもの。

通常の2D表示だけでなく、3D表示も出来て多段レイヤーの重なり方も表示してくれる超スグレモノ。

Reveal

http://revealapp.com/


インストール


  • Revealを起動して、[Help]-[Show Reveal Library in Finder]を選択

  • [Reveal.framework]のディレクトリをXcodeの任意プロジェクトにドラッグして追加

  • Xcodeプロジェクト内で[CFNetwork.framework]と[QuartzCore.framework]を追加

  • XcodeプロジェクトのBuild Settings -> Linking -> Other Linker Flags に「-ObjC」を追加

※CocoaPodsは2013-06-04現在未対応。近いうちに対応予定らしい。

スクリーンショット_2013_06_04_18_28.png


実行


  • Xcode上からアプリを[Run]

  • Reveal上部のプルダウンから起動中のアプリを選択

スクリーンショット_2013_06_04_17_51.png

これだけ。

今までNSLogデバッグしていたような箇所もGUIで弄くり回せるので、超捗る。

Web Inspectorと同様に、動的にラベルの文字列や高さなども変えられる。

しかもデバッグしてる実機端末上にもちゃんと反映される(!)

スクリーンショット_2013_06_04_17_54-3.png

今までNSLogデバッグしていたような箇所もGUIで弄くり回せるので、超捗る。

Xcode本体に取り込んでくれないかなあ。