Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unityアセット ProTexで楽々テクスチャ作成!

はじめに

この記事はUnity アセット真夏のアドベントカレンダー 2018 Summer! の 24 日目の記事です。

昨日は ooee オーエー@個人ゲーム開発者さんの「Odin – Inspector and Serializerでマスターデータを作ろう!」でした。

Unityでゲームを作る際に大変な事の一つと言えば、テクスチャ作成だと思います。
ネットでフリーのテクスチャを探してもイメージに合ったものが見つからなかったり、自分でテクスチャを作ろうにも、それなりに技術はいるし、時間がかかる...
そんな悩みを解決してくれるのが、この記事で紹介するProTexという無料アセットです。

ProTex
image.png

ProTexとは

ProTexは、UnityのWindow上でノードベースでTextureを作るためのアセットです。
主な利点は二つあります。
・質の良いテクスチャをノードベースで、かなり簡単に作れる。
・Textureあらかじめ生成せずに、実行時に生成するので、プロジェクトの軽量化に繋がる。(NormalやEmitionのマップを保存する必要がない)

1. アセットのインポート

まず、アセットをインポートします。
全てインポートしてください。
無料アセットです。

2. ProTexアセットの作成

下の写真のように、右クリック→Create→ProTex→ProTexTextureをクリックしてください。
image.png

作ったアセットを開くと下のようなWindowが出てくるはずです。
Inspectorの説明はもう一つの写真の通りです。
image.png
20190819_145604271_iOS.png

3. ノードの説明

新しく作ったWindowの中で右クリックすると、ノードを選んで作ることが出来ます。
それぞれのノードが持つ効果は、言葉の意味の通りなのですが、分かりにくいノードの使い方は説明しておこうと思います。
また、ノードの効果はアセット付属のマニュアル(英語)の写真をみれば、だいたい分かると思います。
image.png
ノードにはそれぞれのinputoutがあり、それらをつないで、Outputノードにつなげる事でテクスチャを作っていきます。
また、それぞれノードは詳細が設定できます。
しかし、そこで赤いApply Changesボタンを押さないと設定の変更が反映されないので、注意してください。
image.png

Uniform Color    Colorize  

単色をoutします。     後ほど説明。

Blur      Grayscale

ぼかします。    カラーを白黒にします。

ProTex Texture 

Examplesのテクスチャをoutします。  

interpolate  

AとBの中間値をoutします。

High pass    Low pass

明るい部分以外黒に  暗い部分以外黒に 

offset

X,Y座標を移動させます。

4. 基本的なテクスチャの作り方

それでは、基本的なテクスチャの作り方を説明します。
流れとしては下のようになります。

白で形を作る

*AlphaをOperationにする事で透過テクスチャを作れます。
image.png

色を塗る

基本はColorizeノードを使います。
Colorizeノードの使い方をは下の通りです。
20190819_150224146_iOS.png

背景などを整える

ここでProTex Textureノードを使うと楽だと思います。
このアセットにはたくさんのデモテクスチャがあって、それらをこのノードで、使うことが出来ます。
最終的にノードをoutputノードにつなげることで、プレビューに反映されます。
適当に整えたのが下の写真です。
image.png

5. 作ったテクスチャの使用方法

では、最後に作ったテクスチャの使用方法を説明していきます。
2つの使い方があります。

一つはinspectorからボタンをおして、生成する物です。

もう一つは、Corponentで実行時に生成して使います。
MaterialをつけたオブジェクトにPro Tex Material Binderを入れるだけで、Materialにテクスチャが入っていきます。
image.png

最後に

長くなってすみませんでした。
ペイントソフトが使えなくても、簡単にテクスチャを作れるのは、本当に便利です。
少し慣れる必要があると思いますが、使いやすいので、ぜひ試してみてください。

明日はさとやんさんの「Animancerで楽々アニメーションプログラミング」です。

VRhaltukututai
UnityでのVR開発やBlender、Vroidなどで3DCGの作成をしています。その中で気づいた事を書いていくつもりです。よろしくお願いします。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした