Help us understand the problem. What is going on with this article?

Vroidで作ったVRMをblenderでQuestのVRChatに対応させる。(ポリゴン編)

動機

Oculus QuestでVRChatが出来るようになりました。
しかしQuest本体のGPUが弱いため以下のようなアバターが推奨されています。

・ポリゴン数は5,000まで
・マテリアル数は1つまで
・Draw callsは3まで
・ボーン数は66まで
・ダイナミックボーンはゼロ
・アバターサイズは10MBまで
・オーディオソースはゼロ >https://www.moguravr.com/vrchat-13/

Vroidで作ったモデルはアバターにもよりますが、おそらく20000ポリゴン15マテリアルあるので、
そのままでは絶対に使うことが出来ません。
だから、なるべく形を変えずポリゴン、マテリアルを減らしていきたいと思います。

注意

5000ポリゴンまで減らすのに、ギリギリまでポリゴンを削らないといけないので、髪が多いアバターは厳しいかもしれません。

 

ポリゴンを減らす

    1.png
まずBlenderにVRMファイルをインポートしてください。
https://github.com/iCyP/VRM_IMPORTER
からファイルを取ってきて、アドオンを入れると、インポートできるようになります。
参照>https://www.cg-method.com/entry/blender-import-vrm/

2.png
Body bakedを編集モードにしたのち、Pキーを押して、マテリアルでオブジェクト分割します。

3.png
服で隠れていて、いらない体の部分をBキーで箱選択して削除
この方法で奥まで選択できます。http://webgl.akjava.com/blender/cut/yuya-aowo-xuan-zesuru

4.png
オブジェクトモードで残った体を移動。
頭の上の方も頂点を削除しましょう。(首は残す)

7.png
頭のベースの髪も上は見えないので、削りましょう。

8.png
そして、やっとポリゴン数削減に入ります。オブジェクトモードでペンチマークを押して、ポリゴン数削減をクリック。

9.png
それぞれのオブジェクトで右の写真の右のほうにある、比率のバーを人の形がおかしくならない、ギリギリまで下げます。
そして、必ず適用を押してください。あとで顔面崩壊してしまいます。
顔だけはやらないでください   手はVRで一番大事な部分なのでほどほどに

結果

10_LI.jpg
無事、4893ポリゴン!
ギリギリですが、5000ポリゴン以下に到達しました。

最後に

あとはマテリアル統一ですが、これはまた今度書くので、
https://ch.nicovideo.jp/mikumiku_aloha/blomaga/ar1268900
これを見てください。
ありがとうございました。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away