AWS
RDS
aws-cli

[AWS] 停止したRDSインスタンスが自動で起動していた(注意:EC2と違って7日後に自動で起動されます)

少し前ですが、2017.06.01に Amazon RDS でデータベースインスタンスの停止と開始がサポートされました
開発環境のDBは停止しておけば利用料が抑えられるので早速停止したのですが、予想外の動きがありました。

停止コマンド

$ aws rds describe-db-instances | jq -r '.DBInstances[] .DBInstanceIdentifier'
hanare-***-db

で識別子を確認して

$ aws rds stop-db-instance --db-instance-identifier hanare-***-db
Finished: SUCCESS

で停止します。

$ aws rds describe-db-instances | jq -r '.DBInstances[] .DBInstanceStatus'
stopped

コマンドで停止が確認できました。

image.png

その後

翌月月初に利用料を確認してみたところ、思ったより減っていない・・・見てみると、インスタンスがいつの間にか起動していました。

image.png

何故?自動アップグレードの時に起動されるのか?など調べてみましたが・・・

原因は・・・

タイトルに書いたとおりだったのですが、RDSインスタンスは7日後に自動で起動してしまいます。よく読むとドキュメントに書かれていました。

image.png

「インスタンスの停止をサポート」と聞いてEC2インスタンスと同じだろうと思い込んでいましたが、RDSは動きが違うので注意が必要です。利用頻度が低いものは、週一回停止コマンドを実行しておくなどの対応が必要となります。