Edited at

Mint 19 Cinnamon インストール済みのテーマの'Window Borders'が見えなくなり変更できない時

More than 1 year has passed since last update.


なんかテーマが変・・・

以下の画面をよーく見てください。

あれ?!

ウィンドウボーダーのデザインで現在設定中の「Windows-10-Dark-master」というテーマがありません。

ここではごく僅かなテーマしか表示されていませんが、実際は以下のようにデフォルトで入っているテーマも含め、もっといろいろ入っています。

このテーマたちは一体どこへ行ったのか・・・


古いMintからアップグレードしたMint19だけ?

どうもMint19では、Metacity-1、Metacity-2のテーマを除外するようになっているようです。

macOSテーマ配布者のgithubで、この問題について報告されていました。

つまり、わたしのMintは18.2の時からアップグレードしており、古いバージョンのテーマと混在しているため、18.2のデフォルトのテーマと一緒にリストから除外されているようです。


古いテーマでもまだ使える!

上記の配布サイトの報告にも書いてありますが、実際は古いテーマでもMetacity-2のウィンドウボーダーが使われているものは使用できます。

表示されないテーマはdconf-editorを使うことで強制的に設定することが可能です。

公式で排除されている以上、古いテーマは今後使えなくなるという意味だと思いますので以降は自己責任で!

もし dconf-editor がインストールされていない場合、以下のコマンドでインストールしましょう。

sudo apt install dconf-editor

ターミナルからsudo dconf-editorと叩いて起動するか、メニューの検索窓でdconfと入れると表示されます。

このツールは痒いところに手が届くありがたいツールですが、Windowsでいうレジストリエディタみたいなもので下手にいじると壊れてしまうので注意してください。

dconf-editorが起動したら「/org/cinnamon/desktop/wm/preferences/theme」を開きます。

一番下にあるCustom valueにテーマの名前を入力します。この名前はインストール済みのテーマの「フォルダ名」になります。

ホームディレクトリの.themesか、/usr/share/themesにあるフォルダ名です。


(追記)デフォルトのテーマのMetacity-3用ファイルを追加する

Linux Mint Forumsで昔のデフォルトテーマを復帰させる方法が投稿されていました。smurphos氏に感謝!!

wget https://github.com/smurphos/Window_Borders_Mint_19/releases/download/v.0.4/metacity_for_mint19_cinn.zip

unzip metacity_for_mint19_cinn.zip -d ~/.themes

rm metacity_for_mint19_cinn.zip

これによって

Adwaita

AgingGorilla

Atlanta

Bright

Crux

Esco

HighContrast

Metabox

Simple

のほかに

Mint-Y-BB

Mint-Y-Dark-BB

が表示されるようになります。


参考サイト