Posted at

Ubuntu18.04/Mint19でwinbindが再起動後に起動しない

More than 1 year has passed since last update.

Ubuntu 16.04ではNetBIOS名のホストへTCP接続を行うのに、sudo apt install winbind libnss-winbind とやって、/etc/nsswitch.confwinsと追記すればよかったと思います。

ところがUbuntu18.04やMint19では、上記のインストール直後はうまく行っていたのに再起動後に名前解決が失敗してしまいます。

winbind does not work after reboot on Mint 19 / Ubuntu 18.04

こちらを読んだところ、どうやらインストールでデフォルトで作成される /lib/systemd/system/winbind.service の起動設定の問題らしいです。

/lib/systemd/system/winbind.serviceをエディタで開いてみると[Unit]セクションに以下のように記述されています。

After=network.target nmbd.service

これはsambaがあれば成功する設定で、実際にはsambaが居ないために起動が失敗してしまうとのこと。

After=network-online.target nmbd.service

Wants=network-online.target

このように設定することでsambaがインストールされていなくてもNetBIOS名の解決が行えるようになりました。