Help us understand the problem. What is going on with this article?

【UiPath】使い道のわからないHover(ホバー)の使い道を探す

More than 1 year has passed since last update.

UiPath Academyに少しだけ登場したHover(ホバー)アクティビティ。
Selectorで掴んだオブジェクトの上にマウスカーソルを移動する、というものですが
マウスオーバーするだけのコイツの使い道が思い浮かばない。
hover.png
使い道を模索してみます。

Drag & Drop ←没

※結論から言うとHover要りませんでした。
UiPath Community Forumを検索して見つけたのがDrag & Drop。
1. Click (CLICK_DOWN) でDragしたいオブジェクトを掴み、
2. Hover でDropしたい場所の上まで持ってきて
3. Click (CLICK_UP) でオブジェクトを放す。
というもの。なるほど。
早速この理屈で「デスクトップ上に散らばったPDFファイルをゴミ箱に捨てるロボ」を作ってみた。
pdf_delete_robo1.gif

ワークフローは以下の通り。これをループさせる。
robo1.png

でもよく考えたら2.と3.のSelectorが同じになるので、1.と3.だけで十分な気がしてきた。
2.を外してみた。
pdf_delete_robo2.gif
できた…しかもHoverを挟まないぶん速い…Hoverいらない子すぎる・・・

というわけで、
1. Click (CLICK_DOWN) でDragしたいオブジェクトを掴み、
2. Click (CLICK_UP) でDropしたい場所の上でオブジェクトを放す。
でDrag & Dropは実現可能でした。

マウスオーバープルダウン ←没

※これもHover要りませんでした。
jQueryでおなじみ、マウスオーバーで表示されるプルダウンの選択はどうか。
tokyo.png
人間の操作であれば、↑の「エリア紹介」をクリックするには
親メニューの「東京の楽しみ方」をマウスオーバーする必要があるので
1. Hover で「東京の楽しみ方」にマウスオーバー
2. Click で「エリア紹介」をクリック。

でも実現可能ですが、実際はHover使わず2.だけでいけました。
マウスオーバー前から裏のHTMLに情報持ってるから直接Selectorで掴めるのでしょうね。
area.png

結論:マウスオーバーからのポップアップ情報取得

現時点でたどり着いた使い道。
例えばこれ。NEXCO中日本が運営しているiHighwayから、高速道路の事故情報を取得します。
(地図上の[×]マークにマウスオーバーすると、その地点の事故情報がポップアップ表示される)
jiko.png

  1. Find Image Matchesで[×]マーク検出(検出した数だけUiElementのリストが返る)
  2. 取得したUiElementにHoverでマウスオーバー(→ポップアップが表示される)
  3. Get Textでポップアップから事故情報取得

という手順で、地図上から全ての事故情報を拾ってみます。
workflow.png

※Get Textの編集でポップアップを選択する必要があるのですが、
Indicate on screen中(対象が青くなるアレね)はポップアップは出てこないので、
1. F2を押してIndicate on screenを一旦停止(3秒間)し、
2. その間に[×]にマウスオーバーしてポップアップを出しておいて、
3. 3秒後に停止が切れてからポップアップを選択
というテクニックが必要です。
select.png

実行した結果がこちら。全ての画面上の事故情報が拾えています。
jiko.gif


今回はここまで。
HTMLベースのサイト操作ではわざわざHover使わなくてもなんとかなる事が多いので、
あと思いつくのはFlashを使ったブラウザゲームの操作でしょうか。

UmegayaRollcake
UiPath Academyの外堀を浅く埋める形でUiPathネタを書いていこうと思ってます。
https://www.youtube.com/channel/UCdo1xFEK-wRiVIQDs2cdvUg
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away