Qtでwindows用のデプロイパッケージを作成する 

Qtのバージョンは5.12.3

PowerShellを使用してコマンドを実行していく。


リリースモードでビルドする

Release用のビルドディレクトリにexeファイルができていることを確認


配布パッケージ作成用のディレクトリを任意にどこか作成しexeをコピー.

$ mkdir app-package

$ cp /build/release/XXX.exe /path/to/app-package


windeployqtでデプロイパッケージを作成.


前提: windeplayqtのあるbinディレクトリを環境変数に追加しておくこと。

Qtをインストーラーからインストールした場合はC直下にQtがおかれていると思います。

C:\Qt\5.12.3\msvc2017_64\bin

今回はmsvc2017_64bitのコンパイラを使っているので上記にbinディレクトリを追加しています。QtCreatorで設定しているコンパイラのアーキテクチャに一致するbinディレクトリを指定していください。

その他のアーキテクチャの例。Qt5.12.3には多数のC++コンパイラが用意されています。

C:\Qt\5.12.3\msvc2015_64\bin

C:\Qt\5.12.3\msvc2017\bin
C:\Qt\5.12.3\winrt_x86_msvc2017\bin

ちなみに、QtCreatorで設定したコンパイラと、環境変数に追加するbinのアーキテクチャが異なるとエラーになります。


windeployqtを叩く

QtQuickを使用している場合 --qmldriでqmlのソースファイルがあるディレクトリを指定します。

$ cd <デプロイパッケージ用フォルダ>

$ windeployqt --qmldir /path/to/your/qml/source/root .\hogehoge.exe

以上で、exeが正常に実行される。

参考:本家ドキュメント

https://doc.qt.io/qt-5/windows-deployment.html