Edited at

Raspberry Pi のカメラモジュールの撮影時に光る赤い LED を消す設定

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

Raspberry Pi のカメラモジュールの、撮影時に赤く光る LED ですが config.txt ファイルに disable_camera_led=1 を追加することで off にすることができます。


手順


起動した Raspberry Pi から追加する手順


  1. Raspberry Pi を起動

  2. 下記のように nano エディタで config.txt を開く

    sudo nano /boot/config.txt


  3. (どこでもいいけど例えば)最期の行に下記行を追加

    disable_camera_led=1


  4. Control-X で保存

  5. 再起動

    sudo reboot



Mac や Windows とかのエディタで追加する手順


  1. Raspbian の SD を Mac や Winodows に刺すと、config.txt ファイルがあるので、テキストエディタで開く

  2. (どこでもいいけど例えば)最期の行に下記行を追加

    disable_camera_led=1


  3. 保存したら SD カードを RPi に刺して起動する


ミニ解説:config.txt

config.txt ファイルは Raspbian の SD カードの中の一次ブート領域の /boot にあります。理由等の詳細は以前こちらに書いたのですが、Raspbian の SD カードには一次ブートに利用される fat でフォーマットされた領域と、Linux の本体が入っている ext4 でフォーマットされた領域から構成されています。

config.txt ファイルは fat でフォーマットされたほうの領域にあるファイルで linux の起動前に読み込まれ、初期設定に利用されます。

fat の領域は windows からでも Mac からでも普通に(自動的にマウントされるので)読み書きできるので、config.txt は Mac や Windows で変更することもできます


お詫び

タイトルが「黒い瞳の大きな女の子」みたいに複数の解釈が可能な悪い日本語になってしまい、誠に申し訳ありませんでした


参考URL



  1. Rpi Camera Module "Configuration" に LED off の設定の説明


  2. RPiconfig ”Cammera” に上と同じ設定の説明


  3. R-Pi configuration file RPi のコンフィギュレーションの説明と、config.txt ファイルの修正方法