Edited at

Mac のディスプレイに Raspberry Pi のデスクトップを表示する

More than 1 year has passed since last update.


はじめに


ようするに

要するに Mac のX11 を使って Raspbian の LXDE を Mac 上で使う方法。Mac には XQuartz 等の X11環境がインストールされていることが前提です。ただし、事前に起動してなくてもかまいません。


なにがうれしいのか


  1. HDMI をTVにつないだり、キーボードやマウスの用意をしないで Mac だけで Raspberry Pi を使える

  2. Mac のアプリと Raspberry Pi のアプリの間でコピー&ペーストが出来るので便利

  3. しかも、VNC 不要


注意

以下で、192.168.11.14 は、私の環境での Raspberry Pi の IP アドレスです。この値は、ご自身の環境でのアドレスに置き換えてください

アカウントとパスワードはデフォルトのままとしてますので、ここもご自身の環境で変更されているなら、そのように置き換えてください


手順


  1. Raspberry Pi を起動。

  2. Mac のターミナル を起動して、以下のように -X オプション付きで ssh のセッションを開始する。

uedatakeyuki-no-MacBook-Air:~ takeyuki$ ssh -X pi@192.168.11.14

pi@192.168.11.14's password: raspberry

※2016.07.08 追記

最近の Raspbian だと avahi が最初から入っているみたいで

ssh -X pi@raspberrypi.local

と、ホスト名.local で名前が引けるみたいです

※追記終わり

この時まだ起動されていないようでしたら X11 が Mac 上で自動的に起動されます。


  1. ログイン後、lxsession と入力します

pi@raspberrypi ~ $ lxsession

Openbox-Message: A window manager is already running on screen 0
Has notifications support True
Loading...
Connecting to daemon...
Connected.
displaytray True
Done loading.

これで、Raspbian のデスクトップ(LXDE)が起動されるので、Raspberry Pi のアプリを Mac のアプリと同様に使えます


まとめ

上記の手順を一言でまとめると「-X オプション付きで ssh で接続し、lxsession を起動」になります