コマンド 

コンテナを起動する

$ docker start test01

起動中のコンテナに入る

$ docker exec -it test01 /bin/bash
-itオプションはコンテナ内で操作したい場合につけるオプション

起動中のコンテナを終了する

$ docker stop test01

起動中のコンテナに入る別の方法

$ docker attach test01

実行中のコンテナを表示

$ docker ps

起動していないコンテナも含めすべてのコンテナを表示

$ docker ps -a

イメージを表示

$ docker images

イメージを元にコンテナを作成し起動する

$ docker run -name test01 -it ubuntu:14.04.1 /bin/bash
OSのubuntu:14.04.1を利用し、test01という名前のコンテナを作成する

コンテナの削除

$ docker rm test01

イメージの削除

$ docker rmi ubuntu:14.04.1

メモ

attach と exec -it の違い

attachは既にあるコンテナのプライマリプロセスにアクセスします。したがって、exitやると、コンテナが消えます。
exec -itは、新規にプロセスを立ち上げて、それを操作するため、exitしても元のプロセスが残っているのでコンテナは動き続けます。
http://willow710kut.hatenablog.com/entry/2018/01/11/224932

/bin/bash の bash とは

bashとは、オペレーティングシステム (OS) とユーザーとの仲立ちをし、キーボードやマウスをはじめとする入力機器からの情報を解釈して、OSに指示を伝えるプログラム。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B7%A5%A7%A5%EB

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.