GitHub
SSH
bitbucket
SourceTree

SourceTreeでSSH設定する際に一番楽だと感じた方法(メモ)

この頁は検討中です.

以下の課題内容を投稿しましたが,なんかのきっかけでSSH認証が上手くできなくなった.
ssh -vT git@github.comで確認したころ

  • configファイルは読みにいっているらしい.
  • configにはきちんとパスを指定している.
  • ただし,id-rsaとかは読みにいくが,(以下で作る)Defaultでは読みにいかないファイル名のkeyを読みにいっていな.

課題

  • GithubやBitbucketを利用する際のSSH設定する際,結局これが一番楽かなと感じた設定方法(のメモ)

解決方法

  1. SourceTreeでSSHキーを設定する.
  2. 使用サービス(Github,Bitbucket等)の頁でSSH公開鍵の登録.

おまけ (必要なら)不要なSSHキーを削除する.


1.SourceTreeでSSHキーを設定する.
Bitbucketのアカウントをもっている前提で,SourceTreeアプリケーションを使ってSSHを設定する方法をメモ.

  • SouceTreeのアカウント設定で,Bitbucketと接続する際以下の画面になる.
  • Connect Accountボタンを押すと,BitbucketのログインIDとパスワードを聞かれる.
  • その後,SSHが登録されていない場合,SSH Key:が「no key found」になっているので,Generate Keyボタンを押して,SSHキーを作成する.

2.使用サービス(Github,Bitbucket等)の頁でSSH公開鍵の登録.
SSHキーが作成できたら,あとはBitbucketの頁にいって,SSHを設定する.

  • Copy to Clipboardボタンを押してSSH Key(公開鍵)をコピーする.
    Screen Shot 2017-08-15 at 15.32.26.png

  • Bitbucketの頁にアクセスして,Bibucket settingsー> SSH keysと進む.

  • Screen Shot 2017-08-15 at 15.36.03.png

  • Add keyボタンを押す.
    Screen Shot 2017-08-15 at 15.40.11.png

  • SSHキーは(Copy to clipboardを押した際に))既にコピーされているので,後は貼るだけ.名前は自分が管理できるようにつけておく.ラベル名記載,SSHキーの貼り付けが終わったら右下のAdd keyボタンを押して終了.
    Screen Shot 2017-08-15 at 15.40.16.png

以上までの設定で,SourceTreeを利用してBitbucketのRemotoと上手く通信できるようになるはず.

おまけ
 過去にSSHキー設定をなどを色々行った実績などがあると,不要なSSHキーがあったり,configファイルに過去の設定が上書きされずに残ったままになり,新たなSSHキーが正しく機能しないということが起こりえたので,予め手Bitbucketに関連しそうなSSHキーや,config設定などを削除しておくのも手.

  • SSHキーの確認
    Terminalでcd ~/.sshとして lsとすると,作成したSSHキーと,configファイルがあれば(普通ある?)表示される.
    Screen Shot 2017-08-15 at 15.50.46.png

「config」の中身を確認して,必要なSSKキーにパスを通しているか確認.意外に過去の設定のままだったりしたのでここではまった.(SouceTreeのCopy to Clipboardボタンを押すと自動でconfigの記載も行うっぽい.)