Help us understand the problem. What is going on with this article?

aws-cliを使って「キャパシタープロバイダー」にある「FARGATE」を見えなくする

FARGATE_SPOT 100%で動かしたいときによくあるコマンドでやると、使わないFARGATEが残ってて気持ち悪い、という人向け(要するに自分用メモ)

注意: ドキュメント曰くこれはaws-cli 1.xのやり方らしいです。現状2.0でのやり方が見当たらなかったので書いてますが、別のより良いやり方が存在する可能性があることを念頭において使用してください。

やり方

aws-cliで↓みたいな感じでput-cluster-capacity-providersを叩く。

aws ecs put-cluster-capacity-providers \
     --cluster {{ ClusterName }} \
     --capacity-providers FARGATE_SPOT \  # ここを残したいやつにする
     --default-capacity-provider-strategy capacityProvider=FARGATE,weight=1,base=1  # ここはお好みで

--capaity-providersのところに書いたやつがAWSコンソールに表示されるようになるので、そこに「FARGATE」を入れなければよい。その他FARGATE_SPOT以外に残したいやつがあればそこに書く。

補足

タイトルがなぜ「見えなくする」なのか?

delete-capacity-providerのドキュメントを見るとこう書かれているため。たぶん内部的には存在しているけど、表示上見えなくなっていればいいやの気持ち。

Note
The FARGATE and FARGATE_SPOT capacity providers are reserved and cannot be deleted. You can disassociate them from a cluster using either the PutClusterCapacityProviders API or by deleting the cluster
https://docs.aws.amazon.com/cli/latest/reference/ecs/delete-capacity-provider.html

参考

https://docs.aws.amazon.com/cli/latest/reference/ecs/put-cluster-capacity-providers.html

U1F419
opt
"INNOVATION AGENCY" を標榜するインターネット広告代理店。エンジニア組織 "Opt Techonologies" を中心にアドテクetc...に取り組んでいます。
https://opt-technologies.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away