Help us understand the problem. What is going on with this article?

四捨五入をしてみた・xcodeで実機テストができないよ...(キーチェーンやら証明書やらの問題)

More than 1 year has passed since last update.

四捨五入

.roundを使うとできるぽいですね.引数がない場合は四捨五入ですが,.up.downを引数にすると以下のような結果になります.:thinking:

test.swift
var num = 12.012
num.round(.up)     // 13.0

var num = 12.012
num.round(.down)     // 12.0

実機テストする際のエラー

どうも今までできていた実機テストができなくなっていたので,その時のエラー表記等を以下に記載します.

  • codesignは、キーチェーンに含まれる…
    スクリーンショット 2018-11-09 22.06.49.png

  • xcode内ではfailedなんちゃらって書かれてたかな(すいません,記事書く前に寝ちゃったんです.)

原因としてはどうやら,Xcodeを10.0にアプデした際に,Xcodeのビルドシステムが一新されたことが理由っぽい.そのせいでキーチェーンや証明書の参照がバグってるみたい.()

1. XcodeのPreferenceを選択して設定画面を出し、
   Accounts画面に登録されているApple IDを「-」で削除する.
2. XcodeのQuitのメニューを選択してXcodeを終了する.
3. キーチェーンアクセスを起動して画面左の選択で
   キーチェーン欄を「ログイン」,分類欄を「自分の証明書」とする.
   証明書一覧の中に「iPhone Developer: (自分のアカウント名)」
   という名前の証明書があるはずなのでそれを削除.
  もしかしたら,証明書の中身のキーチェーンを削除しないと証明書は消えないかも.
4. Macを再起動.
5. Xcodeを起動し,再度アカウントを登録する.
6. Xcodeのプロジェクトを開いて、実機実行ボタンを押す.
   確認画面が出てきたら,Macにログインする際のパスワードを入れて「常に許可」
   を選択する.

ちなみに,ビルドシステムを昔のタイプに変更したかったら
Xcodeの画面最上部のコントローラでFile>Project Settingsに行けば変更できるよ.
TurkeyLeg0403
完結な記事の作成を心がけます。 経験言語: Python/Swift/Ruby/Java/Javascript/html.css/SQL 経験PF: AWS/Firebase/Hadoop, NiFi, Hive/HANA/MSSQL
https://github.com/TurkeyLeg0403/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした