Edited at

Ubuntu でapt を使用してNode.js をインストールする3 つの方法(Ubuntu 15.04, Ubuntu 14.04.2 LTS)

More than 3 years have passed since last update.


概要

ここでは、下記3 種類のインストール方法について紹介します。


  • apt を使用したインストール方法

    方法
    備考

    apt-get を使用したインストール
    使用しているディストリビューションの安定版、且つ手っ取り早いインストール方法

    PPA(personal package archive) を使用したインストール
    NodeSource によって管理されている、より最新のNode.js をインストールする方法

    NVM(Node.js version manager) を使用したインストール
    nvm と呼ばれる複数のバージョンをインストールして管理できるツールを用いた方法


試した環境はUbuntu 15.04, Ubuntu 14.04.2 LTS です。


apt-get を使用してディストリビューションの安定版をインストールする

おそらく最も簡単で、手っ取り早くNode.js をインストールする方法です。

apt-get を使用することで、最新ではありませんが、ディストリビューションに適した安定版のNode.js をインストールすることができます。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install nodejs

これでおおよそのNode.js を実行する環境は整いました。

続けて、Node.js のパッケージを管理するnpm をインストールします。

$ sudo apt-get install npm

この時点では、Node.js のバイナリはnode ではなくnodejs であることに注意してください。

node という名前でリンクするには、下記コマンドを実行します。

$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/node node /usr/bin/nodejs 10


PPA を使用してインストールする

より新しいバージョンのNode.js をインストールする方法として、NodeSource によって管理されているPPA(personal package archive) を取得してインストールする方法があります。

まずは、下記Web コンテンツにアクセスしてPPA をインストールします。

$ sudo curl -sL https://deb.nodesource.com/setup | sudo bash -

上記コマンドを実行した後で、いつも通りapt-get コマンドを実行すると、NodeSource によって管理されているNode.js パッケージをインストールすることができます。

$ sudo apt-get install nodejs

PPA によるインストールでは、Node.js をインストールするとnpm もインストールされるので、別途npm をインストールする必要はありません。

しかし、このままでは一部機能(例えば、ソースからビルドが要求されるパッケージの利用とか)が使えないので、build-essential もインストールしておきます。

$ sudo apt-get install build-essential

## TODO: 自分が試した環境では既にインストールされていました(Ubuntu 15.04)


NVM を使用してインストールする

apt を使用してNode.js をインストール他の方法として、nvm というツールを使用してインストールする方法もあります。

https://github.com/creationix/nvm

nvm とは"Node.js version manager" の略です。

nvm を使用することで、複数のバージョンのNode.js を簡単に管理することができるようになります。

そのため、要求に応じて、自分の環境にインストールされた最新のNode.js を使うだけでないく以前のバージョンのNode.js を使用することもできるようになります。

まず、ソースパッケージをビルドするために必要なパッケージを事前にインストールしておきます。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install build-essential libssl-dev

依存関係にあるパッケージをインストールしたら、Git Hub ページからインストールスクリプトを取得して実行します。

コマンドは次のようになります(バージョン番号部分は適宜Git Hub ページで確認してください)。

スクリプトを実行することで、~/.bash_profile, ~/.zshrc, ~/.profile のいずれかに修正がされるので、インストールが完了したらターミナルを開きなおしてください。

$ curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.25.2/install.sh | bash

nvm をインストールすることで、それぞれ独立したNode.js をインストールして使用することができるようになります。

インストール可能なNode.js を確認するには、nvm ls-remote コマンドを実行します。

$ nvm ls-remote

......
v0.11.15
v0.11.16
v0.12.0
v0.12.1
v0.12.2
v0.12.3
iojs-v1.0.0
iojs-v1.0.1
.......

現時点で最新のv0.12.3nvm install コマンドを使ってインストールしてみます。

本コマンドをじっこうすることで、~/.nvm ディレクトリ配下に指定したバージョンのNode.js がインストールされます。

$ nvm install 0.12.3

特に使用するNode.js のバージョンを指定しない場合、nvm は最新バージョンのNode.js を使うようになっています。

明示的にNode.js のバージョンを指定するには、nvm use を使用します。

$ nvm use 0.12.3

Now using node v0.12.3 (npm v2.9.1)

$ node -v
v0.12.3

node で管理されている(インストールされている) Node.js のバージョンをリスト表示したい場合は、nvm ls コマンドを使用します。

$ nvm ls

-> v0.12.3
node -> stable (-> v0.12.3) (default)
stable -> 0.12 (-> v0.12.3) (default)
iojs -> iojs- (-> N/A) (default)

デフォルトで使用するnode のバージョンを指定するには、下記コマンドを実行してnode のバージョンを指定します。

$ nvm alias default 0.12.3

default -> 0.12.3 (-> v0.12.3)

現在、デフォルトとして指定されているNode.js のバージョン明示的に使用するように指定する場合は、nvm use default コマンドを実行します。

$ nvm use default

Now using node v0.12.3 (npm v2.9.1)

その他のコマンドオプションについてはnvm のGit Hub のページを参照願います。


参考

How To Install Node.js on an Ubuntu 14.04 server

https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-node-js-on-an-ubuntu-14-04-server

Node Version Manager

https://github.com/creationix/nvm

Ubuntu 14.04 に Node.jsをインストールする

http://qiita.com/moris/items/281a588b9773357b27f7